鎖につながれたまま皮膚病をわずらった犬が、ついに家族の一員に!

鎖につながれたまま皮膚病をわずらった犬が、ついに家族の一員に!

子犬の頃からずっと鎖につながれたままの犬は、ネグレクトの末に皮膚病を発症しました。汚くなってゆく犬を見て初めて、所有者は犬を手放すことに同意したのです。

お気に入り登録

自由と愛情に飢えていた

ネグレクト

「キアン」は米国によく見られる、トレーラーパークに鎖でつながれた外飼いの犬です。動物愛護団体PETAの定期巡回先にもなっている場所で、ネグレクトにおちいった犬がよく見られるようです。

PETAは「コミュニティ・アニマル・プロジェクト」の一環で、そういった犬たちに犬小屋や、犬小屋に敷くワラ、食べ物、遊ぶ道具、そして愛情を届けています。本当にご苦労様です。

後ろでは他の犬たちが吠え続けています。ここにいる多くの犬が、ストレスにさらされているのでしょう。

キアンは生後6週間にはすでに鎖につながれ、放置されていました。

この頃から子犬は本当に活発に動き回って、世界を体感するのではないでしょうか?その大切な時期を、キアンはつながれたまま過ごしました。

PETAが訪れるたびに、キアンは全身で喜びを表現してくれました。

何をもらったのでしょう?犬用のガム?一生懸命振り回して、楽しそうにしています。

栄養失調とストレスが重なると、犬は疥癬(かいせん)という皮膚病を発症することがよくあります。

進行するにつれて皮膚がただれ、ひどいかさぶた状になり、それが割れて、痛みをともなう病気です。キアンも例にもれず、疥癬にかかりました。

保護

ネグレクトを続けたキアンの所有者は、皮膚病があまりにもひどくなって初めて、彼を手放したのです。おそらく、単なる所有欲でそれまでPETAに譲渡しなかったのでしょう。

保護された頃のキアンは脱毛し、皮膚がピンク色に染まっています。きっとヒリヒリと痛いのでしょうね。

キアンはとてもかわいく賢くて、人が大好き。

治療のかいあり、やがてピンクだった頭部に毛が生えそろって、白くなりましたね。

今日はキアンの特別な日です。車から降りて、どこへ向かうのかな?

家族の一員に

今日から暮らす、里親さんの自宅にやってきたのでした!

この家庭の先住犬とはとても気が合ったようで、一緒に庭を走り回ったり、ベッドに上ったり。

ついに、家族の一員となったキアンの喜びあふれる姿を動画でご覧ください!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。