犬が飼い主の帰宅時、喜んでくれない時の心理4つ

犬が飼い主の帰宅時、喜んでくれない時の心理4つ

犬は大好きな飼い主が帰宅したとき嬉しそうにお出迎えしてくれることがよくあるのですが、一方で飼い主が帰宅しても無反応な態度をとることもあったりします。飼い主が帰宅しても喜んでくれないとき、犬はどのような気持ちになっているのか…気になりませんか?

お気に入り登録

1.お留守番するのに慣れている

伏せしながら見つめるトイプー

お出かけから帰ってきたときに、愛犬が「おかえり~!!」といわんばかりに嬉しそうにお出迎えしてくれると凄く嬉しく感じますよね。犬は大好きな飼い主が帰宅したら嬉しそうにお出迎えしてくれる場合が多いのですが…、なかには大好きな飼い主が帰ってきても知らんぷりをしたり、反応が薄かったりする犬も割とたくさんいるといえます。

では、飼い主が帰宅したときに犬が喜んでくれない場合、犬はどのような気持ちになっているのでしょうか。いくつか理由が考えられますが『お留守番するのに慣れている』ということが理由になっていることがあるそうです。言い方をかえると『飼い主が出かけることに慣れている』といえます。

一日に何度も飼い主が外出と帰宅を繰り返していると、犬は「ん?またお出かけかぁ~」と感じたり「あっ、帰ってきたなぁ~」と軽い気持ちで飼い主の帰宅を見守ることが多いようです。

私たち人間も一日に何度も外出と帰宅を繰り返している人や犬に対して、その都度感動の再会!といった気持ちでお出迎えする気にはなりませんよね?つまり飼い主が出かけることに慣れると、犬は飼い主が帰宅したとき喜びにくくなる傾向にあるそうです。

2.拗ねている

何かを考えているダックス

帰宅したときにいつもなら大喜びしてくれる愛犬が何故かお出迎えをしてくれない。それどころか自分の寝床で何事もなかったかのように眠っている。そんなときはもしかすると『拗ねている』のかもしれません。私の愛犬の場合だと、数時間のお留守番をさせたときにお出迎えをしてくれなかったり拗ねてふて寝をしたりすることが多いように感じます。

飼い主の長時間の外出に対して拗ねる犬の中には、お出迎えをしてくれないだけでなくイタズラをしたりトイレ以外の場所でウンチをしたりとイライラした気持ちを発散する犬もいるそうですよ。

もしあなたが帰宅したときに愛犬がいつもイタズラやトイレ以外の場所でウンチやオシッコをしているのでしたら、ストレスを感じて問題行動を起こしている可能性があるといえるでしょう。

また、お留守番させているときに毎回問題行動を起こす場合は愛犬が飼い主であるあなたに依存しすぎている可能性がありますので、日頃から依存させすぎないように接することを心がける必要があるかもしれません。

3.大人しくしていると後で可愛がってもらえると感じている

見つめるピンシャー

帰宅したときに愛犬があまり喜ばずにあなたの様子を見ているときは、後であなたに可愛がってもらえると感じている可能性があります。家に帰ってきたときにひと段落してから犬を可愛がるようにしていると、犬は元気にお出迎えしたい気持ちを我慢して飼い主から可愛がってくれるのを待つことが多いそうです。

ちなみに帰宅したときに愛犬が嬉しそうに駆け寄ってきてくれる姿はなんとも愛らしいといえますが、凄く喜んでくれるということはそれだけ興奮しているということになります。

犬が興奮しすぎているときはジャンプしたり全力で動き回るので関節を痛めてケガをしやすく、心臓に病気を抱えている場合は急に興奮することで心臓に負担をかけやすくなってしまうという危険性があります。ですので帰宅したときはなるべく愛犬を興奮させないようにひと段落おいてから「ただいま」と愛犬に声をかけるのが良いといわれています。

愛犬が心臓の病気を持っていたり関節を痛めないように対策をしたい場合は、帰宅して少し時間を置いてから愛犬を可愛がってあげるようにすることをおススメします。

4.体調不良になっている・ケガをしている

伏せをするヨーキー

珍しく愛犬が玄関までやって来てお出迎えをしてくれないときは『体調不良』になっていたり『ケガ』をしていたりすることも考えられます。愛犬が元気なさそうにしていたり、ご飯をあまり食べない。呼びかけても反応が薄い。ずっと眠っている。といった場合は体調不良やケガをしている可能性があります。

またお留守番中に何かを飲み込んでしまって体調が悪くなっていることも考えられますので、少しでも気になるようでしたら病院で診てもらうことをおススメします。

まとめ

玄関で見つめる犬

犬が飼い主の帰宅時に喜んでくれないときは色々な理由が隠されているといえるでしょう。大人しい犬やお利口な犬は、どちらかというと飼い主が帰宅したときでも落ち着いてお出迎えをしたり「飼い主が落ち着いてから可愛がってもらおう♪」そう思っていることが多いようです。

また、愛犬はいつも元気いっぱいの姿でお出迎えをしてくれるのに珍しくあまり喜んでくれない…といった場合は体調不良やケガ、またはお留守番時に誤飲をしてしまっている可能性がありますので、愛犬に異常がないかよく観察するようにしてあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。