口が開かない犬。手術は成功、自分で食べられた!里親さんも見つかった!

口が開かない犬。手術は成功、自分で食べられた!里親さんも見つかった!

頭部の骨の異常な成長により、口が全く開かなくなって餓死寸前だった犬を保護。骨は内側から眼球を圧迫し、片目はつぶれてしまいました。手術が成功したばかりか、2年の待機の後、素晴らしい里親さんに巡り合いました。

お気に入り登録

口が開かないということ

発見・救出

保護団体LetsAdopt が南スペインのとある場所で「ライカ」を発見し保護した時、彼女は栄養失調で、下あごは使えない状態でした。口が開かないのです。この動画制作の2年前のことでした。

犬の口が開かないと、2つの点で致命的です。ひとつは単純に食べ物を食べられない。ライカは餓死寸前だったそうです。

もうひとつは体温調節ができない。犬は気温が高かったり運動で体が熱くなり過ぎた時、舌を垂らし口で荒い呼吸をして体温調節をします。それができないのは命取りになりかねません。

保護時、ライカはやせ衰えていました。

手術

病院で検査を受け、手術が予定されます。

画像診断のため、麻酔をかけて頭部の撮影をします。このようにガスを鼻に吹きかけるようにする麻酔もあるのですね。ライカはものの数秒ですうっと横倒しになりました。

保護団体リーダーの説明によると、骨が間違った方向に成長して内側から眼球を圧迫しているため、目もダメージを受けているそうです。

手術成功

そして手術後。ライカが少し口を開けて、食べ物を受け取りました!

左の眼球はダメージが激しく摘出されましたが、右目を救えてよかったです。お口は、このぐらい開けるのが精一杯かな?それでも大進歩ですね。

一時預かり施設で歩くライカは、すっかり健康に見えます。

その後

口が開くようになり本当によかった。きっと色々な痛みも消えたことでしょう。

それだけではありません。2年間待ち続けて、ついにライカは里親さんと巡り合うことができました。英国オックスフォードのその家庭は長年、犬の保護活動にも積極的だったそう。ライカのあごや目の問題を理解して、今後必要かもしれない医療も理解して、ライカを引き取ってくれたのです。安心感しかありませんね!

動画を見ることは保護支援にもつながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Viktor Larkhill (LetsAdopt)

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。