施設にきた攻撃的な犬は耳が聞こえてなかった。手話の訓練で新しいお家へ!

施設にきた攻撃的な犬は耳が聞こえてなかった。手話の訓練で新しいお家へ!

子犬の問題行動の原因には健康上の問題が隠れていることがあります。今回は耳が聞こえず攻撃的だった子犬が、手話の指示を覚えて永遠のお家が決まるまでのお話をご紹介します。

お気に入り登録

手話の指示を覚えたハーレー

声に反応しない子犬

ある日、オーストラリアにあるRSPCAニューサウスウェールズにグレートデンとスタッフォードブルテリアミックスの子犬が持ち込まれました。名前は「ハーレー」。

RSPCAのスタッフは、ハーレーが人の声によく反応していないことに気がつきました。そして獣医の診察の結果、実は耳が聞こえていないことが判明します。

リハビリ開始

RSPCAの施設に来た当時のハーレーは、攻撃的で落ち着きがなく、かなりの訓練が必要だと判断されました。

ハーレーの問題行動の1つに、食物関連性攻撃行動 (食べ物を守るために威嚇する) がありました。これも耳が聞こえないことが原因だったのです。

獣医師が立てた計画に沿ってリハビリが始まりました。

手話による指示

ハーレーは、特別なケアが必要な犬のリハビリセンターで訓練を受けることになりました。耳が聞こえないハーレーに、今から訓練を始めるというサインを送るために懐中電灯を使ったり、身振りで指示を与えたりと工夫されました。

その中で「手話」による指示も使用されました。

「sit/おすわり」

「good/グッド!」

「down/伏せ」

「stay/待て」

「look/ルック」

そしてハーレーはいくつもの手話による指示をマスターし、食物関連性攻撃行動も落ち着きました。耳が聞こえている犬と変わりなく過ごせるようになったハーレーは、里親さん募集に参加できるほどに成長!

そして、数ヵ月後には新しい飼い主さんと一緒に永遠のお家へ。

まとめ

「攻撃的で言う事を聞かない」と言われている犬は、ハーレーのように何らかの健康上の問題からそうなっていることもあります。今回のように子犬のうちに対処してもらえて、早い段階で問題なく暮らせるようになったことは本当にラッキーですね。

ハーレーの元気な姿をぜひ動画でご覧ください!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA NSW

《参考》
『Hurley』RSPCA New South Wales

RSPCA NSW

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcansw.org.au/

▼ 【売上は全額支援金】オリジナルグッズも販売中!
https://rspcastore.com.au/

▼ 里親募集中の動物たちはこちら!
https://www.adoptapet.com.au/
https://www.rspcansw.org.au/adopt/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。