トラバサミに前足を奪われた犬。深く傷つき狂暴化した姿に涙(1)

トラバサミに前足を奪われた犬。深く傷つき狂暴化した姿に涙(1)

大阪府富田林市で保護犬シェルター、犬の問題行動のリハビリトレーニングセンターを運営をするポチパパさん。ポチパパさんの『愛の手』は多くの犬達の未来に明るい希望を与え続けています。

お気に入り登録

トラバサミに前足を奪われた『一輝くん』

2017年6月、ポチパパさんが迎え入れたのは『トラバサミ』と呼ばれる仕掛け罠に前足を奪われた野良犬でした。

子犬期のトラウマにより触れることもできなくなった『一輝くん』は、ポチパパさんの愛の手によって新たな未来を歩み始めます。

唸る噛む!恐怖により凶暴化した一輝くん

一輝くんと名付けられた甲斐犬は、山中に仕掛けられたトラバサミに掛かった状態で発見されたといいます。発見までに時間を要したこともあり、保健所に収容されている間に左前足は壊死。切断する他に命を救う方法はありませんでした。

保健所に保護された当時は痛みと衰弱により抵抗を見せる素振りもなかった一輝くんですが、術後回復すると唸る、噛むなどの行動を見せるようになったそう。

当時、どれだけの恐怖と不安、痛みに襲われていたかを考えればトラウマによる狂暴化は至極当然のことといえるのかもしれません。

差し伸べられた愛の手

誰も触れることさえできない状態に陥ってしまった一輝くんに、手を差し伸べたのがポチパパさんでした。

クレートの中で唸り声をあげ今にも噛み付きそうなほど興奮していた一輝くん。何とかクレートからは出たものの、リードを付けようとすると必死で抵抗します。

自信と信頼を失い怯える姿に涙

自信やすべてのことに対する信頼を失った一輝くんは怯えるばかり。リードに噛み付き、暴れてしまう場面もありましたが、ポチパパさんがその体を優しく撫で始めると少しずつ落ち着きを取り戻していきます。

『もう大丈夫だよ』言葉にこそしないものの、ポチパパさんの想いがこちらまで伝わってくるようです。

自信を取り戻したかのように立ち上がり…

そしてしばらくポチパパさんが体を撫でていると、まるで自信を取り戻したかのようにすっくと立ち上がる一輝くん…!

表情も穏やかになり、ポチパパさんの方を振り返る余裕も出てきたようです…!そしてなんとポチパパさんに背後を預け、まるで寄り添うかのような素振りも。

未来への第一歩を踏み出す!

自ら車へと乗り込む一輝くん!一輝くんにもその先に明るい未来が見えたのでしょうか。

『先に首輪つけるんやんか』『そんなに大阪行きたいんやな〜』と笑顔も溢れ始めます。乗り越えなければいけない課題はまだ多くあるもののこの日、一輝くんは間違いなく大きな一歩を踏み出しました。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

▼▼ Facebook ▼▼
https://www.facebook.com/yoshihiro.kitamura.121

▼▼ Twitter ▼▼
https://twitter.com/pochipapa_

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。