骨折は治した。でも足は失った…。3本足で元気に生きる犬の姿を見て!

骨折は治した。でも足は失った…。3本足で元気に生きる犬の姿を見て!

ももの骨が折れ、傷口がパックリ開いていた犬の手術は成功し、傷口はきれいに縫われました。でもその後、問題が発生。せっかく治した足を失うことに。命の輝きは失われませんでした。

お気に入り登録

痛々しい傷口はきれいになったものの…

手術

これは「リオ」。保護された経緯は明らかでありませんが、後足のもものあたりに大きな骨折を負っていました。折れた骨が露出した状態で、リオは病院に運ばれました。傷口は痛々しいので、動画ではボカシが入っています。

病院で手術の準備が整い、麻酔が打たれたリオは手術台に向かいます。

レントゲン写真で、金属プレートを使って折れた骨が元の位置に固定されたのがわかります。

骨折の手術はとてもうまく行き、傷跡もほら、こんなにきれいでした。

「お姉さん!」

「なぁに?早く良くなるといいね!」

そんな会話が聞こえそう。

骨髄炎

でもこれで終わりではありませんでした。傷口が露出していたため、組織が細菌におかされていたのです。感染症を抑える努力もむなしく、骨髄炎を発症してしまいました。

症状は悪化し、このまま足を温存すると命にかかわる状態におちいったリオは、再び手術台へ。足の切断となりました。

3本足となったリオは、傷が回復すると里親さんに引き取られました。先住のビーグルさんもいる家庭です。

その後

動画の後半は、里親さん宅になじみ、めちゃくちゃ楽しそうなリオの姿が一杯です。3本足のハンディを感じさせない俊敏な動きのリオ。命があってのものですね!元気になったリオを動画でご覧ください。

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Viktor Larkhill (LetsAdopt)

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。