虐待する飼い主から犬を助けた女性、その女性を助けた保護団体の連携!

虐待する飼い主から犬を助けた女性、その女性を助けた保護団体の連携!

ネグレクトを続ける飼い主を説得して、ある女性が小型犬を譲り受けると、犬は足を骨折していることが判明。経済的に余裕がなく、言葉の壁もあるこの女性は、必死で助けを求めました。

お気に入り登録

案件を積み重ねて保護団体も成長

レスキューのバトン

「カプチーノ」というまだ生後5ヵ月の小型犬は、カリフォルニア州で飼い主からネグレクトの状態に置かれていました。それを知ったある女性が飼い主を説き伏せて、犬を手放させたのです。

でもその夜、犬は激しい痛みで悲鳴を上げ続けるという緊急事態に。

動物救急医療の費用をまかなえない女性は、ある保護団体に助けを求め、連絡を受けた団体からさらにロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS (HFP)に緊急保護依頼のバトンがまわってきました。

HFPのリーダーは鎮痛剤などを荷物に詰め込み、犬と女性の元に向かいました。女性は英語でなくスペイン語で話すので、スペイン語⇔英語の通訳ができるメンバーにも合流してもらいました。米国西海岸の土地柄が出ていますね。

前置きが長くなりましたが、これが、その犬です。

鎮痛剤を打つと気分がよくなったよう。盛んに尻尾を振って歓迎しています。

どうやらケガは骨折のようです。動かして痛まないよう、犬の足に添え木をしました。

犬を引き取った女性はその作業中ずっと、犬を本当に愛おしそうに抱きしめています。リーダーは彼女に痛み止めを渡し、きっとカプチーノの骨折の手術費を集めてくることを約束しました。

若いカプチーノの骨はどんどん成長しているので、折れた骨がその状態でゆ着してしまうのも早いのです。一刻も早く手術を受けさせてあげたい!

その目的で、動画公開当時に少額の寄付を募集しました。(現在はカプチーノの手術の案件での寄付は募っていません)

それから

残念ながら、その後のアップデートが伝えられていませんが、HFPはミッションを遂行する団体ですので、カプチーノは寄付金で手術を受け、骨折はきれいに治り、その後もこの女性と仲むつまじく暮らしていると、信じます!

機会があったら直接HFPに確認して、皆様にお伝えできればと思います。

この当時、HFPは今よりずっと小さく、限られた資金でぎりぎりの運営をしていたはずです。1つ1つの活動を積み重ね、動画を公開して共感を広げ、今では団体としてずいぶん成長しました。

その結果、保護案件数と人件費なども増えるため、寄付金の募集は今でも重要な活動となっています。HFPに限らず、世界中の動物保護団体、愛護団体にとって、寄付金は重要な活動資金源です。

虐待されている犬を見て手を差し伸べたこの女性を含め、カプチーノを助けるために関わった全ての人、団体に感謝します。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。