飼い主の指、腕、頬を噛みちぎった犬を保護。未来への第一歩を踏み出す!

飼い主の指、腕、頬を噛みちぎった犬を保護。未来への第一歩を踏み出す!

大阪府富田林市で保護犬シェルター、犬の問題行動のリハビリトレーニングセンターを運営をするポチパパさん。ポチパパさんの『愛の手』は多くの犬達、そして家族の未来を救い続けています。

お気に入り登録

先天性精神疾患と診断された柴ミックス『みりんちゃん』

飼い主さんを噛んでしまうという問題行動を抱えていた柴ミックスのみりんちゃん。家族の愛情、そしてお互いの幸せのための決断に手を差し伸べたのはポチパパさんでした。

指、腕、頬を噛みちぎってしまう

迎え入れ当日、激しく怯えた様子で唸り声をあげながら牙を剥く柴ミックスのみりんちゃん。この日から約2ヵ月程前、飼い主さんはみりんちゃんに噛まれた際に腕の一部を失い、移植手術を受けたのだといいます。

最近になって飛び噛みをした拍子に頬を噛みちぎられてしまったこと、数年前には小指を失ったこともあるなど、ポチパパさんが語るお迎えの経緯は惨憺たるものでした。

先天性精神疾患と診断

大学病院を受診、相談した際の診断書や飼い主さんからの詳細なヒアリングにより、残念ながら問題行動の原因は『先天性精神疾患』と判断したと話すポチパパさん。そのため譲渡は視野に入れず、生涯責任を持ってシェルターで過ごしてもらうことを飼い主さんに約束したのだといいます。

笑顔を見せてくれるみりんちゃん!

そしてこちらが迎え入れから10日目のみりんちゃん。すっかりポチパパさんに心を開き、顔つきもとても穏やかになりました。それでもやはり突発的な攻撃性が表れることはあるのだと語るポチパパさん。

飼い主さんの決断と新しい未来

保護団体からみりんちゃんを迎え入れたという飼い主さんは8年間、大怪我を負いながらもどうにかみりんちゃんと幸せな暮らしを手に入れたいと尽力されていたといいます。

みりんちゃんの笑顔を見れば、どれだけ愛情を受けて育ってきたのかがヒシヒシと伝わります。愛犬を手放すという選択、決断をした際は胸が張り裂けるような思いだったことでしょう。

穏やかに幸せな暮らしを

『お互いの幸せのために』差し伸べられたポチパパさんの愛の手は、きっとこの先降り掛かる様々な課題をみりんちゃんが乗り越えるための大きな支えになるはずです。

まだまだ試練は残されているものの、みりんちゃんは確実に未来へと大きな一歩を踏み出しました!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

▼▼ Facebook ▼▼
https://www.facebook.com/yoshihiro.kitamura.121

▼▼ Twitter ▼▼
https://twitter.com/pochipapa_

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。