犬にとって『理想じゃない飼い主』の特徴5選

犬にとって『理想じゃない飼い主』の特徴5選

飼い主であれば、「愛犬にとって理想の飼い主になりたい!」と思う人は多いですよね。しかし、犬にとっての理想の飼い主になるのは、人間と共存していく上で、なかなか難しいです。今回は犬にとって理想じゃない飼い主の特徴を紹介します。

お気に入り登録

犬にとって『理想じゃない飼い主』の特徴

退屈そうに床に寝そべる犬

大切な愛犬のために「理想の飼い主に近付きたい」と思う飼い主さんは多いでしょう。しかし、実際に犬にとっての本当の理想の飼い主になることは、人間と元々野生で暮らしていた犬が共存する上で、なかなか難しいです。

しかし、少しでも理想の飼い主に近付くために、犬にとって「理想じゃない」飼い主の特徴を知ることで、少しでも改善点が見つかるかもしれません。ここでは、犬にとって『理想じゃない飼い主』の特徴を紹介します。

1.落ち着きがなく少しのことで慌てふためく

パニックに陥る女性

犬にとって、飼い主とは信頼できるリーダー的存在であることが最も理想的です。反対に、頼りにならない飼い主は、犬にとって理想とはかけ離れた飼い主となってしまいます。

犬は飼い主の行動をよく観察しています。どっしりと何事にも落ち着いて対処している飼い主であれば安心感がありますが、ちょっとしたことでパニックに陥ったり、慌てふためいたりする姿を見せる飼い主は心配になってしまいます。

このように、落ち着きがない飼い主は、犬にとって安心して身を任せられないと認識されてしまうため、理想じゃない飼い主となります。

2.感情のコントロールができず怒りっぽい

伏せて怯えた様子で上目遣いをする犬

感情のコントロールが上手にできず、ちょっとしたことで怒鳴ったり、不機嫌になったりする飼い主は、犬にとって理想ではありません。前述したように、犬は何事も冷静に対処する飼い主が理想です。しかし、感情にまかせて怒鳴ったり、同じ状況でもその時々で態度が変わったりする飼い主は、犬にとって恐怖や不安を感じる対象となってしまいます。

もちろん、怒りにまかせて暴力を振るう飼い主は論外です。犬に「理想の飼い主」として認めてもらうためには、感情を上手くコントロールすることも大切です。

3.毎日散歩に連れて行ってくれない

最近では、室内飼いしているご家庭が大半です。したがって、1日の内、散歩の時間だけが犬にとって外に出られる至福の時間でもあるのです。散歩は運動不足解消だけでなく、ストレス発散や本能的欲求を満たす役割も担っています。また、他の犬や人と関わる機会も設けることができるので、新たな刺激を受けられる場でもあります。

こうした役割を持つ散歩を飼い主の事情で「今日は行かない」と毎日連れて行ってくれない場合、犬にとっては「残念な飼い主」となってしまいます。

4.毎日ほとんどの時間一緒に居られない

寂しそうに外を眺める犬

犬は仲間意識の強い動物なので、家族である飼い主と一緒に居られない時間は苦痛です。そんなお留守番を長時間、毎日強いられている犬は、飼い主に対して寂しさを感じていることでしょう。

最近では男女ともに働く社会が当たり前となっているため、一昔前に比べても犬のお留守番時間が長くなっています。生活のためには仕方がありませんが、外泊や仕事終わりの飲み会などは、適度な頻度を守りましょう。

仕事で長い間お留守番させられている上、毎日のように飼い主が帰ってこなかったり、終電の時間まで飲み歩いていたりすると、実質愛犬と過ごせている時間はほとんどないに等しいです。

5.常に過剰なスキンシップを求めてくる

犬は飼い主とのスキンシップに安心感を抱きます。そのため、飼い主に触られたり抱きしめられたりすることを好む犬が多いです。しかし、だからといって、常に過剰なスキンシップを求められると、かえってストレスになってしまいます。

犬も人間と同じように、1匹でのんびり静かに過ごす時間が必要です。大好きな愛犬であっても、適度な距離感は保つようにしましょう。

まとめ

おでこをくっつけ合わせる犬と女性

いかがでしたでしょうか。他にも犬が嫌がるような行動や、犬にとって不満が残るような生活習慣を極力避けることで、犬にとっての理想の飼い主に近付けるはずです。ぜひ今回紹介した特徴を参考に、飼い主としての在り方を見直してみてください。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    皆理想の飼い主になりたいと思わない飼い主はいないでしょう。でもほとんどが理想とはかけはなれた飼い主だと俺は思う。俺自身前よりマシにはなったけどたまにガチギレして手を出し怒鳴り散らしたりする。解っていてもやってしまう。全ては飼い主次第なのでまずは自分を見つめ直して良くないことを少しずつ改善していきましょう
  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    貴方は理想の飼い主になれてますか?『犬の理想』です。人の理想と犬の理想は少し違います。人の理想は頼りになる、思いやりがある、リーダーシップがある、人の嫌がることをしない。でも犬は頼りになりリーダーシップがあることが大事です。思いやりや嫌がることしないは関係ない、なくても生きてけるから。犬の理想のために楽しいことしようなんて思わないこと?うまい飯食わせようなんて思わないこと!こんなことしても頼られないしリーダーシップある人なんて思わない、ただうまい飯くれる人、楽しいことやらせる人にしか思わない。犬が心から尊敬されるには犬の事を知りこの個体に合った躾を行う事が理想的な飼い主になる条件。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。