子犬工場から救出された盲目の犬が、周囲の人々をハッピーにする!

子犬工場から救出された盲目の犬が、周囲の人々をハッピーにする!

劣悪な環境に犬を放置していた子犬工場が摘発されました。救出された盲目の長毛ダックスフントは陽気さを失わず、出会う人々を笑顔にします。

お気に入り登録

障害をものともしない犬

劣悪な子犬工場から救出された犬

盲目のダックスフント「コーリー」のお話をしましょう。

コーリーを抱いている里親さんはこう言います。

「これまでのこの子の苦しみを思うと、これからはコーリーの望みを叶えて行ってあげたいと思います」

どんな人ともどんな犬とも喜んで接するコーリーは、悲惨な過去を背負っています。

コーリーは、不潔で劣悪な子犬工場から救出された犬たちの中にいました。

コーリーは生まれた時からこの汚れ切った子犬工場の外の世界に出たことがありません。失明した目の治療もされませんでした。子犬を生産できればよいからでしょう。

他の犬たちも、コーリーと同様に不潔な環境で放置されていました。

法整備が追い付かないのをよいことに、こうした非人道的な子犬工場が多くあり、米国の多くの州で摘発と施設再開のいたちごっこが繰り返されています。

もちろんこれは米国だけの問題ではありません。

ケージの扉が開いた時、コーリーは「見えない」人間に一生懸命尻尾を振って、腕に抱かれました。

きっと臭いでわかったのでしょう。「やさしい人が来た。外へ連れ出してくれる」と。

笑顔を届ける

盲目でも、コーリーは何も恐れません。人が大好きなコーリーは、その陽気さで出会った人を笑顔にします。

この子は、里親さんの友人の子ども。脊髄性筋萎縮症で筋力が弱く、立ち上がることや頭を支えることができません。困難な病気ですが、コーリーと遊ぶ彼の表情は明るい。しっかりと話すことができ、子どもながらに彼はこう言います。

「苦しみから犬を救い出してあげれば、犬を幸せにしてあげられます。その犬が人も幸せにするのです」

最後に

動物を虐待して利益をむさぼる施設は、断固として排除しなければなりません。動物たちの「良く生きる権利」を守りましょう。

守られた幸せな犬たち、動物たちは、私たちに幸せをおすそ分けしてくれます。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:The Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。