ハンターに捨てられた動けない犬。命の灯は喜びで輝き、消えていった

ハンターに捨てられた動けない犬。命の灯は喜びで輝き、消えていった

ハンターが病気のため猟犬として使えない犬を野原に捨てました。犬は脳や内臓に損傷を負って運動機能を失った状態で保護されました。犬の命と残された身体機能を救うべく手が尽くされましたが…。

お気に入り登録

体はマヒでも尻尾を振り、人に愛情を示してくれた犬

保護と治療

これは「ピッパ」です。看護師に腰を支えられ、細い長い足をばたつかせています。その足は、あり得ない角度に曲がったり、床をとらえられずにすべっています。

脳障害のため動けないピッパを、ハンターは不用品として野原に捨てたのです。保護団体LetsAdoptがピッパを保護し、病院に連れてきました。

ピッパは自力で立ち上がれません。小刻みに震えながら中腰になるのが精一杯です。

肋骨や背骨がゴリゴリと浮き出して、筋肉や脂肪がほとんどついていない状態です。捨てられてすでに日が経過していたのかもしれません。

獣医師は様々な検査をしました。歯の状態から、まだずいぶん若そうに見えます。

脳のMRI検査も行いました。

脳の損傷部が画像で確認できました。

そしてさらなる全身の検査の後、手術が行われました。命が危ぶまれるピッパを救うため、多くの人が手を尽くします。

生きる喜び

麻酔から覚めつつあるピッパのそばに女性が付き添います。まだもうろうとする意識の向こうで、優しくさすってくれる温かい手、呼びかける優しい声がそこにあって、ピッパは安心したことでしょう。

この女性がピッパを家庭に迎え入れてくれるのです。

そして動画の2分6秒からは目が離せません。すっかり目覚めたピッパが上半身を起こし、この女性を見つめて激しく尻尾を振るのです。

女性にうながされ、もがいてもがいて、床をはって進むピッパ。病院に初めて来た時の不安そうな表情は明らかに消えました。

ピッパがいよいよ女性宅にやってくる日に合わせて、ピッパを運ぶキャリーも新調されていました。

女性宅の先住犬たちもすんなり受け入れてくれ、ピッパは大喜びしています。大喜びです!先住犬たちも、おそらく保護された犬たちでしょうね。

いよいよキャリーに乗って散歩に出ると、なんと、ピッパは力を振りしぼって、後足で少し立ち上がり、キャリーの天井から頭を出したのです!この瞬間の喜びが、ピッパの体に力を与えたのでしょう。そして草地に伏せて、気持ちよさそうに風に吹かれました。

その後

ピッパは病院でリハビリの訓練も開始しました。水中での歩行訓練は、支えられながら目を見開いて頑張りました。

でも、ピッパの体はすでに、ボロボロだったのです。その後、肺炎を発症し、緊急に酸素吸入など手を尽くしましたが、ピッパにはもう、回復する力が残っていませんでした。女性に寄り添って、彼女の手から食べ物をなめて食べ、そしてまた尻尾を一生懸命に振りました。女性がそばにいる。それはピッパにとって喜びだったでしょう。

1週間後、ピッパは女性のかたわらで息を引き取りました。

動けない体で捨てられたことで命を奪われたことに変わりはありません。でも、野原に捨てられ動けないまま、心細いまま逝ったのでなく、ピッパを励ます人々に囲まれ、そしてあの女性に包まれて、喜びで尻尾が揺れる瞬間を持てたことで、ピッパの短い命は最後に光り輝きました。

どうか目をそらさずに見てください。

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Viktor Larkhill (LetsAdopt)

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。