小型犬を中心に大量生産する子犬工場から350頭以上を救出!

小型犬を中心に大量生産する子犬工場から350頭以上を救出!

米国ジョージア州の劣悪な子犬工場から350頭以上の犬を救出。糞尿のそうじもされていない荒れ切った環境に押し込められ監禁されていた犬たちは、ついに外へ出られる日を迎えました。

お気に入り登録

命を軽んじる子犬工場の現場

救出

動物愛護団体The Humane Society of the United Statesが、米国ジョージア州の大規模子犬工場から350頭以上の犬が救出されました。

団体が所有する大型のトラックに、救出した犬たちを次々に運びます。

犬たちがネグレクトの状態に置かれていたことは一目瞭然。

何センチにも積み上がった糞尿から逃れることもできずにケージに監禁されている犬たちも多く見つかりました。

この子は前足をケガしている様子。すぐにも受診が必要です。

この子の口の中には、何かブヨブヨしたものが詰まっていて、虫歯だらけです。ストレスから毛か何かを口の中にためこんでいたのでしょうか?

子犬も次々に救出されました。この施設では主に小型犬を大量生産していたようです。こんな子たち、ペットショップでみかけますよね?

中には中型~大型の子もいました。

この子のホッとしたような表情を見て。尻尾をブンブン振っています。

最後に

子犬工場の実態は深刻です。小規模なものから大規模施設まで、捜査が追い付かないのが現状です。いったん閉鎖されても、ほどぼりが覚めた頃に再開するケースも多いとか。それはなぜ?おもちゃを買うように犬を買う人がいて、ペット市場がもうかっているからに他なりません。

命を無視したペットの大量生産、大量消費、大量廃棄が公然と行われているのです。そこでは多くの「粗悪品」や「劣化品」が無慈悲に扱われ、闇に葬られています。それでももうかるから、再開や新規参入業者が後をたちません。この悪循環を断ち切るのは、私たち1人1人の決断です。

今回救出された犬たち、路上で保護される犬たち。多くの保護犬が里親さんを待っています。そして犬を飼う時、適切な環境でしっかり飼えるのか、きちんと自問しましょう。犬たちは、飽きたら捨てるおもちゃではないのですから。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:The Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 M

    ブリーディングしてます 来年の動物愛護法改正で多くの子達が行き場を無くす事になります 広い寝床運動場が必要になります 運動場を広げる計画は有りますが 莫大なお金がかかります 現状で良いなら 我が家の子達にいっぱいいっぱいお金掛けてあげられるのに❗ととても残念です 
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。