犬に絶対してはいけない『親バカ行為』4選!コレをしてると愛犬が苦しんでしまうかも…!

犬に絶対してはいけない『親バカ行為』4選!コレをしてると愛犬が苦しんでしまうかも…!

この記事では「犬に絶対してはいけない『親バカ行為』」をテーマに、ワンちゃんにしてしまっている親バカ行為についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

犬に絶対してはいけない親バカ行為1:悪いことをしても叱らない

飼い主に叱られて落ち込んでいる犬

絶対にしてはいけない親バカ行為として、まず紹介するのが「悪いことをしても叱らない」です。

愛犬のことを溺愛していると何をしても可愛さからつい許してしまいがちですが、注意しなければいけないときはしなくてはいけません。注意しないことによって事故や怪我に繋がってしまう恐れもあります。

犬に絶対してはいけない親バカ行為2:要求に全て応える

散歩中に激しく吠えている犬

次に紹介する親バカ行為は「要求に全て応える」です。

ワンちゃんは話すことができないため、あらゆる手段で飼い主さんに要求を伝えようとします。大事にしている愛犬からの要求であればつい全てを聞いてしまいがちですが、これらの要求に全て応えてしまうのは、してはいけない行為です。

要求に全て応えてしまうと、それが後でしてはいけなかった行為であると気づいて応えるのを止めようしても、ワンちゃんは応えてくれないことに腹を立ち、聞いてくれるまで吠え続けるかもしれません。

これが無駄吠え行為に発展してしまいます。このようにワンちゃんの要求に全て応えてしまうと、後々問題に発展しまう恐れがあるため気をつけなければいけません。

犬に絶対してはいけない親バカ行為3:過剰なオシャレをさせる

装飾品をたくさんつけている犬

愛犬を溺愛しているとしてしまいがちな「過剰なオシャレをさせる」という行為もしてはいけない親バカ行為の一つです。

オシャレと言っても寒い日に着させる服などの実用性を伴っている場合は含みません。暑いにも関わらず飼い主さんの勝手な解釈や自己満足でオシャレをさせる、実用性を伴っていない行為のことをいいます。

ワンちゃんに服を着せるなどの装束をして、写真や動画を撮影すればsns映えなど飼い主さんの気持ちを満たすことはできますが、そのときのワンちゃんは満足しているのでしょうか?寒くもなく服を着せられると暑いですし、余計な物を身につけることによって重いと感じ歩きづらいと思うはずです。

犬に絶対してはいけない親バカ行為4:しつけをしない

飼い主の手を噛んでいる犬

最後に紹介する絶対にしてはいけない親バカ行為は「しつけをしない」です。

溺愛している愛犬を叱ることは心苦しい行為かもしれませんが、状況によってはしつけをしなくてはいけません。しないことによって事故に繋がりワンちゃんを苦しめてしまうことになるかもしれません。

よくあるのが、拾い食いや噛み癖です。これらの行為を放置してしまうとワンちゃんを苦しめてしまうことや、誰かを怪我させてしまうかもしれません。注意をし、しつけをする行為は悪いことではありません。しなければいけない場面に出くわしたら必ずするようにしてください。

まとめ

笑顔で見つめ合っている犬と女性

いかがでしたでしょうか?

犬に絶対してはいけない親バカ行為の例として、

  • 悪いことをしても叱らない
  • 要求に全て応える
  • 過剰なオシャレをさせる
  • しつけをしない

の4つを紹介しました。 

愛犬のことを思ってしていた行為もこの例のように、逆効果になってしまいむしろワンちゃんのことを苦しめてしまう場合があることが分かりました。愛情があっての行為なのかもしれませんが、やはり限度を超えてしまってはいけません。

いけないことをしたらしっかりと叱り、約束を守ったときはしっかりと褒めるなどのメリハリのある行動を飼い主さんがすると、ワンちゃんもいろいろな面でより暮らしやすくなり、幸せな気持ちを得られるのではないのかと思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。