君がいるといつも幸せ♪3本足になった犬は幸せオーラを放って輝いた

君がいるといつも幸せ♪3本足になった犬は幸せオーラを放って輝いた

米国ミシシッピ州で60頭の犬が多頭飼育崩壊現場から救出されました。その中にいた若い犬は、足のケガを放置されて切断を余儀なくされましたが、明るくハッピーな気分を失わなかった犬は幸せを引き寄せました。

お気に入り登録

他の犬に咬まれた?

通報・発見

これは犬の女の子「ゾーイ」のお話です。

家の中ではしゃぎ回って、飼い主さんに甘えて、ごく普通の犬ですけれど、下の静止画で、何か足りない…前足が1本、足りない。3本足なのです。

ゾーイは、米国ミシシッピ州で崩壊した犬の多頭飼育現場から、動物愛護団体The Humane Society of the United States がレスキューした60頭の中の1匹でした。

敷地内の至る所に、放置された犬があふれていました。

こちらの左端が、現場で発見されたゾーイです。他の犬たちとも仲がよさそうで、救助に来た人にもすっと寄って行くフレンドリーな子です。

でも、右前足を不自然に持ち上げ、引きずっていました。痛みで地面に足をつけられないようです。

保護され、個別のケージに入れられました。大きな耳がチャーミング。でも、何が起こっているんだろう、と不安な表情を浮かべています。

保護団体の譲渡会イベントに参加したゾーイ。大勢の訪問者に囲まれてちょっと緊張気味ですが、職員の顔を見て大きく尻尾を振り、信頼を寄せています。基本、ハッピーな性格なんですね。

ゾーイの足のケガを診察するため、病院を訪れました。右前足の付け根に、咬まれたような傷があります。それが化膿してしまったのでしょうか。

足の手術が行われました。足はもう使えないと診断され、切断になってしまいました。

手術後の回復中、3本足になってTシャツを着たゾーイを、誰かが迎えに来ました。里親さんのカップルです!譲渡会でマッチングしていたのかもしれませんね。ゾーイの尻尾は最初からブンブンブン。すっかり打ち解けた様子の里親さんカップルとゾーイです。

その後

後日、保護当時に世話をしていた職員が里親さんの自宅を訪れると、ゾーイは一目散に駆け寄り、抱きつきます。こんなだから、誰にでも愛されるんですね。

広い庭を3本足で思い切り駆け回るゾーイの姿が、今の幸せを物語っています。里親さんの顔をなめたくて頭を思い切りそらすゾーイに同調するように、里親さんカップルと遊びに来た職員は皆、笑顔で目をつぶりました。

多頭飼育崩壊現場でケガをしネグレクトに耐えていたゾーイの幸せオーラが、里親さんの家庭にも幸せを呼び込んでいることは間違いありません。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:The Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。