虐待はしないものの子犬に興味のない飼い主。ネグレクトに陥る前に保護!

虐待はしないものの子犬に興味のない飼い主。ネグレクトに陥る前に保護!

子犬を放置ぎみの飼い主に指導と保護。外を走り回っていた子犬は、動物愛護団体スタッフの腕の中に跳び込んでいきました。

お気に入り登録

子犬が子犬らしく振舞える大切さ

通報・発見

このモフモフムチムチで人のよさそうな(?)子犬は「ジョジョ」です。動物愛護団体PETAのスタッフがある女性から飼い犬の世話について相談を受け、訪問した先で、相談の犬とは別に、走り回っているジョジョに遭遇しました。相談の犬が10週間前に産んだ子犬たちの中の1匹です。

聞くと、飼い主の女性が子犬を知人にあげたものの、きちんと世話をしないので取り返してきたと言います。ただ、女性はジョジョを放置気味で、ここでもネグレクトにおちいる可能性がありました。

そこで、PETAで譲り受けて施設へ連れ帰ることにしたのです。

ところで、このPETAのスタッフは、車を運転しながら日常の業務内容や心構えを話します。犬の基本的な飼い方を人々に伝えるのは重要な任務です。

「出会う動物たちの生きている状況を良くするために、私にできることを全部してあげたいです。」

これがジョジョのお母さんです。

飼い主の女性は、最悪のケースではないですよ。母犬をつないで外飼いですが、歩けるように長くロープをわたしていたり、愛護団体に相談したり、一応の気遣いを見せています。

飼い主さん、避妊や各種予防接種、暑さ寒さ対策、そしてきちんと散歩など。かけた愛情は返ってきますから、頑張ってください!

そしてジョジョのお母さん、連れていってしまうけど、幸せにするから心配しないで、許してね。

外飼いの母犬のために、小屋にワラをしいているところ。

「ジョジョ!」と呼びかけると、転がるようにかけ寄って、スタッフの腕の中に跳び込んでゆきました。

ザ・子犬!

こんなふうに呼ばれたり、抱き上げられるといった愛情を受けていなかったかもしれません。

ジョジョはボールが転がるようにスタッフを追いかけて、ヘソ天でおなかをモフってもらうと、うっとり。

そしてべったり。これは一瞬で情が移りそう。

それにしても、この子はすくすくとデカくなりそうな予感たっぷりですね!

その晩はPETAの施設の一時滞在の部屋で過ごします。

カメラに向かってくるジョジョ。「これなあに~?」

協力団体の施設に移り、そこで里親さんとの出会いを待つことになりました。

その後

そしてザ・子犬ジョジョは、里親さんに引き取られました!よかった~。

天真爛漫な子犬は、きっと人や犬が大好きな大型犬に成長することでしょう。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。