心と体を縛る鎖をはずして!4.5kgの鎖を引きずっていた中型犬を保護

心と体を縛る鎖をはずして!4.5kgの鎖を引きずっていた中型犬を保護

長く重い鎖を引きずっている犬を保護し、鎖と首輪をはずしてあげました。人を警戒していた犬は、はずしてくれた人に歩み寄り、ほっとした表情を見せます。

お気に入り登録

体重の3分の1もある鎖

発見

「ファロン・マリー」という名の犬は、体重が14kg程度の中型犬です。その子が、太く長い鎖を引きずって放浪していました。米国ミズリー州セントルイスの保護団体Stray Rescue of St. Louisが保護に乗り出します。

警戒して吠えているファロン・マリー。食べ物を投げ与えると拾って食べ、また吠えます。人に不信感があるようですね。

保護

あら!途中経過がなくて、次の場面ではすでに車で運んだファロン・マリーを車から降ろしています。つかまえたところとか、もうちょっと見せて欲しかったですけれどね(笑)。

ファロン・マリーはすっかり大人しくなって、素直に降りてきました。逃走しないように、まだ鎖をつけたままです。

鎖が車や地面に当たってガリガリ、ジャラジャラ鳴る音からも、その重さが想像できます。それにすごい長さです。ファロン・マリーの身の上はわかりませんが、とにかくこれを首から引きずって路上で暮らしていたのかしらん…。

団体の事務所兼診療所に到着して、鎖と首輪をはずしました。ファロン・マリーはどんなにほっとしたことか!

首輪がはずれた次の瞬間、ファロン・マリーはこの女性にすり寄る動作を見せます。ありがたかったんだろうなあ。

鎖の重さは約4.5kg、ファロン・マリーの体重は14kg程度。体重50kgの人が16kgの鎖をつけているようなものです。体だけでなく、心もどれだけ拘束されるか、想像を絶します。

最後に

もしこれを読んでいただいたあなたが、あなたの飼い犬を鎖につないで放置しているなら、どうか犬の立場で感じてみてください。重い、寂しい、痛い、つらいと。布リードでつなぐと噛み切ってしまうなら、それは犬がつらいからでしょう。改善方法を是非、考えてあげてください。今、その鎖をはずして、コミュニケーションを取りましょう!犬があなたにくれる信頼や愛情と同じだけ犬を大事することは、あなたの幸福感も高めてくれるでしょう。

もし隣家の犬がそうして放置されていたならば、隣人に、けんか腰でなく話しかけてみて。わかります、難しいです。でも、提案はできますか?あなたは散歩のボランティアとして手助けすることが可能ですか?誰か応援してくれる人、団体はありますか?立ち止まって考えましょう!

鎖から解放されたファロン・マリーのすがすがしい表情が、それをやる価値があると教えてくれます。動画をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Stray Rescue of St. Louis

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。