タール浸けになり固まった子犬たちをレスキュー。なぜこうなった…。

タール浸けになり固まった子犬たちをレスキュー。なぜこうなった…。

インドのとある場所で、8匹の子犬が重いベタベタのタールにまみれていました。タールは子犬を窒息させるだけでなく、体に毒となります。動物愛護団体が救出し、1日がかりで付着したタールを取り除きました。

お気に入り登録

タール浸け…意味不明

通報・発見

鼻にかかった子犬独特の悲鳴が響きわたり、声の主たちは、真っ黒なぼろきれのかたまりのようになって、地面に転がってうごめいています。

8匹もの子犬たちが、タールまみれになっていると連絡を受けた保護団体The Humane Society International/ India のスタッフが、現場にかけつけました。

黒っぽいかたまりを持ち上げました。これが子犬です。完全にゴミの山のように見えます。

化石が見つかるような天然のタールの池でもなさそうで、なぜこんな状態になったのかは、全く不明です。考えるのも恐ろしい気がします。

救出した時は、タールがすでに固まりかけていて、子犬たちは身動きができなかったそう。

救助されなければ、そのまま固まって死んでいったでしょう。何ということ。

洗浄

タールを溶かし、洗い流す作業は一刻を争います。

子犬たち、助かって…。

複数のスタッフが1日がかりで、少しずつタールを除去していきました。

臭いもきつかったでしょうね。子犬たちは、よく生きていました。

やっと顔が見えました。

親子の再会

子犬たちがやっとひと通りきれいになったところで、保護施設で母犬に引き合わせました。

母犬は子犬を洗浄している間、周りをうろうろしていたのでしょうか。こんな状況では、助けたくても犬はどうしていいか全くわかりませんよね。

死ぬほどのども乾いたでしょう。おなかもすいたでしょう。

ふとカメラを見上げた子犬と目があいました。

最後に

国際的な動物愛護団体に所属するインド支部のスタッフは、動物愛護先進国とは言えないかもしれない国で、懸命に活動しています。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:The Humane Society International
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。