犬が飼い主を避けるのには理由がある?!3つの理由と適切な対処法

犬が飼い主を避けるのには理由がある?!3つの理由と適切な対処法

愛犬を呼んでも来てくれない。なんだか避けられている…。そういったことに心当たりはありませんか?犬は様々な理由によって人を避けることがあるのですが、飼い主を避ける場合はどのような理由が多いのでしょうか。今回は犬が飼い主を避ける理由とその対処法を3つご紹介していきます。

お気に入り登録

1.犬にとって嫌なニオイを漂わせている

犬の鼻どアップ

犬は人工物の強いにおいが苦手

嗅覚がとても優れている犬はにおいによって飼い主を避けることがあります。たとえば家族の特定の人だけを避ける。そんな場合はにおいによって「この人の近くに行きたくない」と愛犬が感じていることが意外と多かったりします。

  • タバコ
  • お酒
  • 香水
  • 柔軟剤
  • マニキュア

などの人工物のにおいは犬が苦手だと感じやすく、これらのにおいが体や手についていると犬は「このにおいはキツイ…!」と思ってその人から遠ざかろうとすることが少なからずあるそうですよ。

ですのであなたの体からタバコや香水などのにおいがするのでしたらそれらが原因となって愛犬が避けている可能性が高そうですね。

対処法:においに気をつける

犬がにおいによって近づかない場合は『嫌がるにおいを体につけないようにする』だけで問題を改善できるといえるでしょう。

もし愛犬が嫌がるにおいの元…タバコやお酒を断ち切ることができないのでしたら、愛犬のためにこまめに手を洗ったり服を着替えたりしてなるべくにおいがしないよう工夫することをおススメします。

2.近づくとよくないことが起きると思っている

様子をみる犬

犬を呼んだときにいつも我慢させることをしている

愛犬を呼んでもなかなか来てくれない。呼ぶと避けるように遠ざかる。といったときは「呼ばれたときに近づくとよくないことが起きる」そう犬が感じている可能性があります。

  • 歯磨き
  • 爪切り
  • 耳掃除
  • 薬を飲ませる

といったことは犬が嫌がりやすいものとなりますので、毎回愛犬を呼んでからこのようなことをしていると少しずつ愛犬が「呼ばれると嫌なことが起きる」と思って飼い主の声を無視するようになることがあるそうです。

いつも呼ばれた後に我慢しないといけないことをされていると飼い主に呼ばれたときに避けたり無視したくなっちゃうのも無理ありませんよね。私なら迷わず聞こえなかったフリをすることでしょう。

対処法:犬が『嬉しい』と思えることをしてあげる

できれば愛犬に我慢させるようなことはしたくありませんよね?ですが歯磨きや爪切り、耳掃除や薬を飲ませる。といったことは愛犬のために行わなければいけないこととなりますのである程度は耐えてもらう必要があるといえるでしょう。

ただ、愛犬に我慢させてばかりいると愛犬があなたに対して苦手意識を抱いて避けるようになってしまいますので、我慢させたあとはくわえて『愛犬が嬉しいと感じることをしてあげる』ようにすることをおススメします。

一言でいうと『ご褒美をあげる』のです。例えば爪切りをし終えた後にご褒美としてオヤツをあげるようにすると、愛犬は「ご褒美のためにがんばろう!」と感じ苦手なことでも頑張ってお利口さんにしてくれることが多いといえるでしょう。

また、愛犬を叱るときはいつも呼んでから叱っている、といったしつけを行っていると飼い主に呼ばれたときに「また叱られる…」と愛犬が感じるようになってしまい、少しずつ飼い主の呼び声を無視したり物陰に隠れたりするようになってしまいます。ですので、呼んでから叱るという行為にもし心当たりがあるのでしたらやめるようにしましょう。

3.犬が苦痛に感じることをしている

毛布に隠れながら見つめる犬

犬が苦痛に感じる接し方をしている可能性

なんだか愛犬に避けられている…。近寄るとすぐに離れてしまう…。そういった場合は愛犬があなたの行っていることに対して苦手意識を感じているのかもしれませんね。

  • 大きな声で話している
  • いきなり動いて驚かせる
  • ビックリさせることが多い
  • 犬が嫌がる場所をよく触っている
  • 力強く触っている
  • 叩いている

などの行為に心当たりがあるのでしたら、愛犬はあなたの接し方に苦痛を感じていたり我慢したりしている可能性が高いといえます。愛犬が嫌がることばかりしていると避けられるだけでなく信頼関係にヒビが入ってしまうことになりますので接し方を改善する必要があるといえるでしょう。

対処法:犬が嫌がることをしない

あなたが行うなんらかの行動に対して愛犬が『不安』『緊張』『恐怖』といったネガティブな気持ちを抱きながら避ける場合は愛犬が嫌がることをしないよう接し方を見直すことが重要となります。まずはどういったときに愛犬があなたから離れることが多いのか観察してみることをおススメします。

ちなみに『叩く』『怒鳴る』といった恐怖や苦痛を与える行為をしているのでしたら、信頼関係が崩れたり愛犬にストレスを溜め込ませたりすることとなりますので、たとえしつけとして行っていてもやめるようにしましょう。

まとめ

撫でられて嬉しそうな犬

  • 犬にとって嫌なニオイを漂わせている
  • 近づくとよくないことが起きると思っている
  • 犬が苦痛に感じることをしている

といった理由によって犬は飼い主から避けることがあります。ご紹介した3つの理由以外にも犬が飼い主を避ける理由はあるといえますがほとんどの場合、私たち人間が人を避けるときと同じ理由だといえるでしょう。

ですので愛犬に避けられないようにするためには『自分がされると嫌なことを愛犬にしていないか』といったことを定期的に見直すようにすると良いと思いますよ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。