犬は『テレビ』をどう認識している?現実のものとの区別はついているの?

犬は『テレビ』をどう認識している?現実のものとの区別はついているの?

じーっと集中してテレビを観ているかのような愛犬に「どんな気持ちで見ているんだろう?おもしろいのかな?」と不思議に思ったことはありませんか?動物番組に夢中になる子も多いですよね!テレビの中の動物のことをどんなふうに認識しているのでしょうか?

SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

犬も映像を認識できる

リモコンをかざす男性とビーグル

犬もテレビの映像を見ることができますし、音声を聴くこともできます。そのためわんちゃんが食い入るようにテレビを見つめている時には、映し出される番組やCMに興味を持っているのだと考えられます。

犬は映像を現実と同じように認識できる

犬は写真に写っている犬を犬だと認識できることが分かっています。2013年に発表された研究の「人間を含むさまざまな動物の頭部の写真を犬に見せる」という実験では、犬はその中から犬の写真を特定することができたという結果が出ました。実際に面と向かっている状態ではなくても、犬は写真や映像でも現実と同じように認識することができる、そして頭部の形を含め様々な見た目の犬を犬として認識できると考えられます。

《参考文献》
Autier-Dérian, D., Deputte, B.L., Chalvet-Monfray, K. et al. Visual discrimination of species in dogs (Canis familiaris). Anim Cogn 16, 637–651 (2013).
https://doi.org/10.1007/s10071-013-0600-8

犬と人間ではテレビの見え方が違う

犬の目は「2色型色覚」で、黄色と青、そしてそれらの中間色(様々な色調と濃淡のグレー)のみを認識することができます。

たとえば犬は赤を赤として認識することができず「薄いグレー」に見えると言われています。人間の場合は過半数の人が「3色型色覚」と言われていますので、犬よりも鮮やかに色を認識することが大半です。そのため犬と人間ではテレビの見え方に違いがあるでしょう。

また犬の目は光の点滅を見分ける能力が人間より優れているので、映像を映し出す際に「静止画が高速で切り替わる」ように見えている可能性もあります。犬の目にはテレビの映像が点滅するようにチカチカと見えているのかもしれません。

現実との区別がついていないことも

犬が映るテレビを見る犬

それが「テレビの中の出来事」と認識できない可能性

テレビの映像を認識することはできますが、犬にはテレビの映像が「違う場所で起こっていること」と認識できていないことがあります。テレビから聞こえてきた犬の鳴き声に呼応してしまったり、映し出されているものをテレビの裏側に探しに行ってしまうこともあります。

私たちはテレビに映る映像を番組である、ここで起こっているわけではないと認識できますが、犬の場合にはここにあるように、今ここで起こっている出来事として感じてしまっている犬がいると考えられます。

匂いがしない「奇妙なもの」に感じることも

テレビからは犬にとって肝心要の「匂い」がしません。映像を認識し音が聞こえ、ここにあるはずなのに匂いがしないテレビを不可思議に思ったために食い入るように見ている可能性もあるかもしれません。

テレビに興味を示さない子もいる

リモコンをかざす女性とあごをひじ掛けに乗せる犬

「うちの子は動物番組が好き!」という子もいれば「テレビがついていても興味がない」という子もいますよね。わんちゃんの好奇心の強さや臆病さなど、性格の違いによってテレビへの興味の強さが変わってくることもあります。

犬種の違いとの関係性

犬種の特性にも関係があるという意見もあります。「視覚ハウンド」の犬種グループに属している犬種は優れた視力で獲物を追いかける猟犬であるため、テレビの中の動く映像に興味を示しやすいと考えられます。

そして家畜をコントロールする仕事を任される「牧畜犬・牧羊犬」のグループやもともとネズミを捕る仕事をしていた「テリア」のグループの犬種も、小さな画面の中で「動くもの」に反応しやすいと考えられます。

一方「嗅覚ハウンド」のグループに所属している犬種は、優れた嗅覚で獲物を追う猟犬です。テレビからは「匂いがしない」ため、テレビがついていてもあまり興味を示さない子が多いかもしれないと考えられます。

犬のための番組がある?!

バスローブを着たフレブル

アメリカにはなんと「犬向けの番組」があるとか!世界初の犬専用テレビネットワークであるアメリカの「DOGTV」では、犬たちが見やすいように2色型色覚に合わせて色彩を調整しているのだそう。

気になる番組内容は、愛犬にリラックス感を与える「犬が草原でのんびりくつろぐ映像」、愛犬に刺激を与えるための「南カリフォルニアでサーフィンを楽しむ犬の映像」、さらには愛犬に順応の学びを与えるための「玄関チャイムに反応したり人の指示に従ったりする犬の映像」などをそれぞれ放送しているそうです。お留守番時にも役立ちそうですね!

まとめ

テレビのリモコンを向ける男性と横にいる犬

我が家では時々、愛犬がテレビドラマの中で鳴る玄関チャイムに反応して玄関まで走っていってしまうという珍事件が起こります。わんちゃんの中にはまるで人間さながらにリラックスモードでテレビを見ていたり、シャキッと背筋を伸ばして座って真剣に見ている子もいますよね。

犬にもテレビの映像が現実と同じように認識できるということから、その映像がわんちゃんの興味を引いていると考えられます。しかし犬には「テレビの中で起こっていること」とは区別がつかない可能性も高いので、それが本当にここにあるかのように強い反応を見せることもあります。

私たちと犬はテレビの見え方が違いますが、それでも愛犬がテレビを楽しんでいると思うと微笑ましいですね。

こちらの記事も参考にしてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。