「咬ませ犬」でボロボロだった犬と、保護で落ち込んだ犬が出会ったら…!

「咬ませ犬」でボロボロだった犬と、保護で落ち込んだ犬が出会ったら…!

2頭のピットブルは、それぞれに路上で保護されました。メスは「咬ませ犬」で心身に傷を負い、オスはつかまって(保護されて)しまって、落ち込んでいる様子でした。その2頭が出会うと、やさしさと喜びに満ちたダンスが始まります。

お気に入り登録

傷はお互いに癒すことができる

ピットブルの女の子の「ケイデンス」と、男の子の「チャンス」は、保護団体HOPE FOR PAWS の保護活動で、それぞれ別の場所から、1日違いで保護されました。

ケイデンスは、闘犬の「咬ませ犬」として虐待されていたようで、心身共に傷ついています。顔などの傷は手当をしましたが、人にはなつくものの、まだ元気がありません。

一方のチャンスは、路上で保護されて以来、すっかり落ち込んでしまい、感情が表に出ません。そんな2頭が病院の1室で出会った時、何かが起こりました。

姿勢を低くしているチャンスの瞳が、輝いています。保護後、どんよりと首を垂れていたのですよ?

「おいでよ!」と遊びに誘っています。

手前のケイデンスの前足の、大きく縫った後が痛々しい。

初めは遊びに誘うチャンスを、ケイデンスはちょっと冷めた感じに見ていました。でもチャンスが発する楽しい嬉しいオーラに感化されたように、ケイデンスは次第に遊びモードに突入し、そして尻尾がブンブンブン!と激しく振れました。

へへへ~!こっちだよ~!チャンス、顔、顔!笑

じゃあ、こうしてやる!ガシ!

ケイデンス:「あれ?ちょっと興奮しちゃったかしらん?」

チャンス:ほらもっと、カモーン!

勢い余ってチャンスを跳び越えるケイデンス。

チャンスは常に、ケイデンスが安心できるよう、低い姿勢から誘います。ケイデンスはそれにつられ、チャンスを追いかけます。2頭の呼吸がぴったり合い、まるでダンスのよう。

その後

2頭はその後、それぞれ別の里親さんに引き取られました。できれば一緒に…と思いますが、仕方がない。それぞれ新しい家庭で、幸せに暮らしているでしょう。

下記の、2頭それぞれの保護の様子も合わせてご覧になると、この喜びのダンスの本当の意味を知ることができるでしょう。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

ケイデンスの保護の様子はこちら。2頭が出会った直後の、驚くべきチャンスの行動が見られます。これは涙が出そう…。

チャンスも保護犬です。落ち込む様子が物悲しい…。そして2頭の出会いは『レスキューにおびえ、落ち込んだ犬の心を救った意外な方法とは?』記事に詳しくあります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。