捨てられて餓死寸前…茂みで震えていた小型犬のビフォーアフターが凄い!

捨てられて餓死寸前…茂みで震えていた小型犬のビフォーアフターが凄い!

捨てられたと見られる白い小型犬が、寒さと恐怖から一人ぼっちで茂みの中で震えていました。レスキューから現在に至るまでの驚きのビフォーアフターをご紹介します。

お気に入り登録

体脂肪がほとんどない餓死寸前からの復活

茂みの中で震える小型犬

オーストラリアのある街で屋外に放置された小型犬が発見され、RSPCA南オーストラリアに保護されました。

マルチーズミックスと見られるその犬は、寒さと飢えから茂みの中でブルブルと震えていました。

やっと茂みから出てきてくれました。

絡まり固まった被毛とガリガリの体

RSPCAのロンズデールにある施設の獣医は、今までに犬に対して出したことのない最低のボディ・コンディション・スコア (家畜などの栄養状態を評価するために使われる点数) を出しました。餓死寸前だったのです。

さらに、汚れた被毛はもつれにもつれて固まっていました。

被毛の下から出てきたのはガリガリの体。

驚きの変身

保護された犬は「マックス」と名付けられ、RSPCAの施設で数ヵ月間治療を受けました。

そして徐々に体重も増えこの通り見事に大変身!

永遠のお家へ

イボンヌさんがマックスの新しい「ママ」になってくれました。

イボンヌさんもマックスも幸せそうな良いお顔をしていますね。マックスに安心して暮らせるお家ができて本当によかったです。

まとめ

マックスはRSPCA南オーストラリアが昨年保護した518匹の動物の中の1匹です。マックスの元飼い主のように、いらないからと外に放置するなど信じがたい行為です。万が一どうしても飼えなくなったら相談できるところはあるはず。動物を飼う責任を自覚することが大切だと改めて考えさせられます。

今では幸せに暮らすマックスの驚きのビフォーアフターをぜひ動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA South Australia

RSPCA South Australia

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcasa.org.au/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。