治る病気なのに安楽死!?飼い主からレスキューした犬がハッピーになるまで

治る病気なのに安楽死!?飼い主からレスキューした犬がハッピーになるまで

治療可能な感染症のため安楽死寸前だった犬を保護。それまでも虐待を受け抑うつ状態にあった犬は、セラピーで心身ともに健康を回復できました。するとあり得ない申し出が。

お気に入り登録

犬を取り巻く過酷な環境

安楽死直前の出会い

この子は、リーシュマニア症という皮膚あるいは内臓の感染症を発症したからという理由で、飼い主に安楽死に持ち込まれました。まだ生後9ヵ月の若い犬です。耳はちぎれ、やせ細っています。

リーシュマニア症は治療をすれば治る病気です。たぶん飼い主は、手がかからない間は手もとに置き、手がかかるようならいらない、という態度なのでしょう。

ここはギリシャのクレタ島。もちろんきちんとした人もいますが、「犬は使い捨て」と考える人も多い土地柄のようです。この飼い主は、その中ではある種の良心があるとも言えるのかも。想像したくもないですが、「使えない」犬は撲殺したり、半殺しにして捨てるという行為もありますからね…。決してギリシャだけではないですけれど。

そんな土地で、タキス・シェルターは犬や猫などの保護活動にいそしんでいます。病院でこの子に出会った時、シェルター代表のタキスさんは飼い主と直接話し、この子をシェルターに連れて帰ることにしました。

保護

これまでの仕打ちのためにこの子の心はすっかり閉じていて、水も食べ物も受け付けず、触られるのも恐れています。一種のうつ状態にあるようです。

シェルターに連れてきて「ミラ」と名付けましたが、ミラは部屋の隅に縮こまって、人が来ると顔を隠します。きっと「人の手」は「暴力」を意味していたのでしょう。悲しいですね。

散歩に連れ出そうとしても、隠れて動きません。ミラの尻尾はずっと足の間に巻き込まれています。

変化のきざし

やさしく呼びかけ、やさしく触れて、ミラが安心できるのを辛抱強く待ちます。ミラの表情がちょっと変化してきたようですね。

そして数週間後!わああ…。

リーシュマニア症も治療の効果が出てきたそうです。

「ミラ!」

タキスさんが呼ぶと、ミラは尻尾を振って寄ってきました。他の犬たちの中に溶け込んでいます。

その後

元気になったと伝え聞いた元の飼い主が、ミラを取り返したいと申し出たそう。ええええー!

安心してください、タキスさんの答えはもちろん、「NO」でした。ミラを本当に愛してくれる里親さんの手に渡すのが、タキスさんの使命です。

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。