ただ、ただ、悪質。子犬工場と行政・保護団体のいたちごっこ

ただ、ただ、悪質。子犬工場と行政・保護団体のいたちごっこ

サウスカロライナ州で実施された大規模な子犬工場の摘発の様子。ブリーダーの質を厳しく管理できないゆるい法律を一刻も早く改正しなければ、動物たちの苦しみは続きます。

お気に入り登録

警察と上院議員と保護団体が協力

現場検証

米国サウスカロライナ州で、200頭以上の犬、数十羽の鳥、9頭の馬を劣悪な状態に置いたまま、ネットで売りさばいていた「子犬工場」が発見、摘発されました。

地元警察のパトカーに続いて、動物愛護団体The Humane Society of the United Statesの車と大型のトラックが長い車列を組んで続きます。この動物たちの救出に来たのです。

入口の看板には、「私有地。侵入者には暴行を加え、息があれば銃撃する」とあります。

こけおどしかもしれませんが、異常ですよね。

家屋の周りはゴミ屋敷状態で、この敷地内の全てがまともに管理されていないことがわかります。

子犬たちが押し込められている屋外のケージに床はなく、粗い格子になっています。子犬がここを歩いたら簡単に足がすき間に落ちてしまうので、ケージのほとんどのスペースは歩けません。

この子たちは、かろうじて足場になる周囲を伝い歩きしている状態です。
糞尿を掃除しなくて済むように、隙間から下へ落とすためです。

この手の状況に(悲しいことに)慣れているスタッフでさえ、尋常でない臭気に手こずります。

これはアリ塚ではありません。ケージの格子から下に落ちて山となった排泄物です。

これが飲み水か…。

そしてケージの周囲には、動物の骨が無数に散乱していました。おそらくですが、ここで命を落としていった多くの犬たちのものでは…。

スタッフは「生き残っている子たちを、今日、救出できるのが救いです」と話します。

興奮して吠えまくる子、

黙って震えながら救出を待つ子、

ケガを放置されている子。

敷地内のどこもかしこも、汚染されたケージで埋め尽くされています。

保護

全頭の記録を取り救出する労力ははかり知れません。

そしてその後に、全頭の健康診断や病気、ケガの処置、継続的な世話、そして里親探しが待っています。

最後に

米国には、大規模で劣悪な子犬工場が各地に数多く存在するようですが、それらの摘発もまた大規模で、司法や行政が深く関わるケースが日本に比べると非常に多い印象です。

こういった悪質なブリーダーは、たとえ摘発され軽い刑罰を受けても、その後、州内の別の場所で再び劣悪な子犬工場を始めると言います。

今回の摘発と救出に参加した州議会の上院議員が、「こんなことは許されない。この子犬工場の運営者は、今後いっさいこの手のビジネスに手を出させてはいけない。何とかしなければ。」と言うのは心強いです。

いたちごっこの現状を打破するには、法整備が待ったなしです!

日本の場合、悪質なケースがあまり表に出されず、時折、多数の犬の遺棄などがニュースになるものの、全体として「ないもの」とされるか、社会の関心が向かない印象です。

きちんとしたブリーダーだという説明は事実でしょうか?

私たちはそれを知ろうとせず、あるいは目をそむけ、目の前のガラスケースやウェブページに紹介される子犬を、ただかわいいから、ただ欲しいから、買うのでしょうか?

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:The Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。