車にはねられて数週間、隠れて生きていたチワワを保護。ケガは治る?

車にはねられて数週間、隠れて生きていたチワワを保護。ケガは治る?

車にはねられコンテナの下で暮らしていた小型犬を保護。足に大きな骨折が見つかりましたが、時間がたっていて、うまく治るでしょうか。

お気に入り登録

コンテナ下の角で縮こまった犬

通報・発見

ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS に、車にはねられた犬がコンテナの下に隠れていると通報がありました。負傷してからすでに数週間経過しているとのことです。

コンテナの下をのぞくと、小さな犬がいちばん奥の角に逃れてうずくまりました。

ごみの陰に隠れて、体と顔の半分が見えています。もものところにケガをしているのが見えますね。

長い竿にネットをつけてコンテナの下に差し込むと、犬はそれをよけて逃げます。

どんな態勢で作業しているのかというと、こんな感じ。つらそう!そして入り口が狭い!

犬が竿の先のネットにひっかかったようです!

竿を引き出すと、後ろからのショットで姿は見えませんが、犬が怒ってウニャウニャ言っているのが聞こえます。ピンクのシャツの女性が、犬の上からさらにネットをかぶせておさえこみました。確保!

犬はネットを噛み切ろうと頑張っています。

しばらく暴れていましたが、上から手を添えていると、あきらめたか、大人しくなってきました。

指で小さな頭をトントントン、と軽くタップし続けます。落ち着かせるテクニックのひとつのようですよ。

それから徐々に頭をなでます。その感触に慣れされて、それを気持ちよいと感じてくれたら、進歩です。

だいぶ落ち着きました。

布のリードを首にかけ、タオルを頭からかぶせて、車へ抱いていきました。

名前は「エイミー」にしました。

車中でマイクロチップリーダーを当て、チップが埋まっていないことを確認。みなさん、飼い犬のマイクロチップ装着は、万一行方不明になった時に発見の役に立ちますよ。

寝ちゃった…。疲れていたのでしょう。

手術

ひざの近くの骨折が見つかり、手術をしました。

体の外側に固定器をつけることになったようです。見えにくいですが、右後足の上に固定器があるのがおわかりでしょうか。

手術から数日後のエイミー、一時預かり施設での様子です。すっかり人になついているし、固定器をつけた状態で小走りもできています。

それから

8週間後、固定器ははずされ、ケガは完治しました。

預かり施設で他の2匹のチワワと一緒にいる場面は、とてもかわいらしいですよ。2匹に比べると、エイミーはちょっと、大人しめです。

施設の女性のふくよかなひざの上に載ってくつろぐエイミーもまた、幸せそう。この後、里親さんが見つかったことを祈ります。動画を是非ご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。