2階から投げ落とされた小さな犬。3本足になっても、保護されて元気に!

2階から投げ落とされた小さな犬。3本足になっても、保護されて元気に!

虐待のケースです。小型犬を飼っていた家庭の子供が、2階のバルコニーから、犬を地面に投げ落としました。ひどく損傷した前足は切断されましたが、犬は愛情を受けて、元気に生きて行きます。

お気に入り登録

ぬいぐるみを投げ捨てるように

事故ではなく、虐待

この子は「セリア」。左足に包帯をしているのは、なぜって?

それはね、子供がセリアを家の2階のバルコニーから投げ落として、ひどく骨折したからです。

家族は一応、動物愛護団体PETAに通報しました。

でも、もうセリアはいらない、と言うのです。

なぜなら…

「かわいくないし、元々飼いたくなかった」ですと。

支離滅裂ですね。きっと普段から家族がセリアを雑に扱っていたので、かんしゃくを起こした子供が、ぬいぐるみを投げるようにセリアを2階から地面に投げ捨てた、という因果関係が見えるようです。

犬を飼う資格、完全に、全く、なし。もう絶対に飼わないでほしいです。

切断

骨折の状態があまりにもひどかったため、医師は足を温存することをあきらめ、切断になりました。

手術後の縫い合わせた跡が痛々しいですね…。

不慮の事故でなく投げ捨てられて、前足切断ですよ。どう思います?殺されなくて運がよかったと言うべきでしょうか。

でもね、ここが犬のいいところ。

人間ならきっと、なぜこんな目にあわなきゃならないの、と恨んだり落ち込んだりすることでしょう。

でも犬のセリアはとりあえず元気になって、ちょっと不自由でもハッピーなんです。

「あれ、こんなだったかな?何か、へん?ま、いっか。」といったところでしょうか?

見てください、このきれいな瞳。

3本足の歩行にも、少しずつ慣れていくでしょう。人なつこく前向きな性格で、PETAの事務所内でも人気者だったそう。

この男性なんて、椅子から降りて、床に四つん這いになって、セリアとじゃれていますよ。

その後

セリアは以前の家庭とは比べ物にならない、素敵な里親さんの家庭に引き取られました。

体は不自由でも、絶対に今の方が幸せでしょう。将来、できれば義足をつけられるといいかな、と思いますね!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。