3本足の小型犬を保護。人を信頼できたら即ヘソ天で寝落ち

3本足の小型犬を保護。人を信頼できたら即ヘソ天で寝落ち

小型犬が足を骨折しているらしいと保護依頼でかけつけると、それは骨折ではなく、足を1本失った犬でした。人に対する恐れを克服した時、犬はすっかり信頼してくれました。

お気に入り登録

よく見れば、ない

通報・発見

足を骨折した犬を見たという人からの連絡で、ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS が夜の保護活動に出動。

到着する少し前に、「ワトソン」がいた道路上でけんか騒ぎがあり、おびえたワトソンは店の屋外作業場のようなスペースに避難していました。

投げ与えた食べ物を拾いにくる時、スムーズに歩けないのがわかります。でもよく見ると、足の骨折ではないことに気づきました。

接近・保護

後足が1本少ない、3本足なのです。うまくバランスを取って歩いています。

生まれつきなのか、事故や病気で失ったのかはわかりません。

食べ物を投げ与えると近づいて食べますが、手から直接食べるのは、まだためらっています。

棒の先の輪を首にかけてとらえることを試します。

ワトソンはこの棒と輪をあまり気にしていないよう。輪がちょっと小さ過ぎるかなあと思いましたが、すっぽりとはまりましたよ。

ワトソンは元々、人なつこい性格なのでしょう。つかまっても「あれ?」という感じ。少し後退したぐらいで、猛烈に抵抗することはありません。そして、初めて手から直接、食べ物を受け取ってくれました。

あえて柵のすき間から手だけ伸ばして、ワトソンをなでます。これでもう、保護の8割方は完了ですね。指で頭をかくと気持ちいいのか、首をくにゃっと曲げるのがかわいらしい。

この後、小さいワトソンを柵のすき間から外に誘導することができました。もう人を恐れません!

車内ではすでに、こう。

ケア

体を洗って、真っ白ふわふわになりました。

この子にとって、3本足は決して幸せの障害ではありません。

「3本足だけど、それが何か?」と言っているよう。

おなかが一杯になって、疲れが取れて、嬉しくて、楽しくて、幸せ。

それから

ワトソンは一時預かり施設で里親さんとの出会いを待つことになりました。

人をすっかり信頼してくれるワトソンに、素敵な出会いがありますように。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。