犬が『捨てられた!』と勘違いしてしまう飼い主の行動3選

犬が『捨てられた!』と勘違いしてしまう飼い主の行動3選

この記事では「犬が『捨てられた!』と勘違いしてしまう飼い主の行動」をテーマに、ワンちゃんが勘違いしてしまう飼い主さんの行動についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

犬が捨てられたと勘違いしてしまう飼い主の行動1:帰りが遅くなることがたまにある

窓から外を眺めている犬

子犬の頃やワンちゃんを迎え入れたばかりの頃は、早く帰って遊んだり癒してもらいたいという気持ちから、外出した際には帰宅時間を意識してなるべく早く帰っていたかと思います。

しかし、ワンちゃんとの暮らしに慣れてくると常にいるのが当たり前と思ってしまい帰り時間が遅くなってしまうことも…。そんな日が増えて来るとワンちゃんは寂しいと感じるはずです。

この生活が毎日のことになれば、ワンちゃんもいつものことかと帰宅を待っているだけになるかもしれません。

ところが帰宅が遅くなるのが日常になる前であったり、帰宅後のスキンシップが少ないと、愛犬は飼い主さんとの距離が遠くなっていると感じ、飼い主さんに捨てられたと勘違いしてしまうかもしれません。

犬が捨てられたと勘違いしてしまう飼い主の行動2:1泊以上預ける

柵の方を見ている犬

旅行や仕事などの都合で数日家を留守にしなくてはならなくなった際に、出先にワンちゃんを連れていくことが出来るなら何も問題ないですが、連れて行けない場合だと留守の間にペットホテルか知人に預かってもらわなければいけません。

ワンちゃんだけで何日も留守にすると色々な面から心配になりますし、危険でもあるため預けることは良いことですが、ワンちゃんの気持ちとしては捨てられたと勘違いしてしまうかもしれません。

何日間も飼い主さん以外と暮らし、声や匂いを全く感じることが出来ない場所にいると、寂しい気持ちやストレスを多く抱え捨てられたと勘違いさせてしまうので、帰ってきたらたくさん遊んで、極力このような環境にならないようにしてください。

犬が捨てられたと勘違いしてしまう飼い主の行動3:他の動物ばかり可愛がる

片方の犬だけご飯を食べている

犬を多頭飼いしていたり、他の動物とも暮らしている環境において考えられるのが、愛犬を放置して他の動物ばかり可愛がってしまっている場合です。

一緒に過ごす時間が短いことにより寂しさや距離を感じ、捨てられたと勘違いしてしまうかもしれません。

多くの動物と暮らしているとしても、必ずどの動物も均等に接するようにしなくては行けません。

まとめ

寂しそうにソファーの上にいる犬

飼い主さんとしては捨てたつもりではなくても、ワンちゃんが捨てられたと勘違いしてしまう飼い主さんの行動は日常にたくさん潜んでいます。

ワンちゃんは話すことが出来ないため今どういう気持ちでいるかは分かりませんが、子犬の頃や迎え入れた頃と生活習慣や日常の接し方が変化したのであれば、寂しいと感じていたり、もしかすると捨てられたのではないかと勘違いさせてしまっているかもしれません。

もし何か思い当たる行動があるならば今一度考え直してみて、出会った頃のような接し方をしてあげてください。

ワンちゃんはもちろん喜びますし何かの運命で出会えたのですから、愛犬を幸せにしてあげるのが飼い主さんの役目です。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。