逃げ回った犬は、唯一心を開いていたママの説得でケージに入った

逃げ回った犬は、唯一心を開いていたママの説得でケージに入った

人を恐れて逃げ回る犬には、唯一信頼しなついた人がいました。まるで彼女に説得されたように、犬はケージ入っていきました。ついでに英語の勉強もできる動画?

お気に入り登録

幼児を抱えて犬に話しかける人

通報・発見

ナーバスな犬がいると保護依頼を受けて、保護団体HOPE FOR PAWS が出向きました。

犬は街路樹のそばで休んでいます。

追跡

食べ物をあげようと近づくと、いったん興味を示して保護メンバーに近寄ってきたものの、やっぱり不安になって、くるりと向きを変えて歩き去ってしまいました。

急いで車を発進させて、歩道を歩く犬をゆっくりと追いかけます。

犬は振り向いて車の方に視線を向けました。

「あの子、僕たちが追いかけてるのをわかってるね。」とは、保護団体リーダーのつぶやき。

助っ人登場

どこか囲いのある場所に犬が入ってくれることを期待しながら、ゆっくりと車を前進させます。

犬は車の前で道路を横切ったりします。他の車がさっと横を走り抜けたりして、犬、危ないですよう。

心配をよそに、犬はさらにトボトボと歩き続きますが、結局元いた場所に戻ってきます。どうやら、いつもそこで食べ物をくれる女性がいるようです。

そこで一計、保護チーム2人のうちの1人が車を降りて、車が犬を追いかけている間に、犬がとどまっていた場所にケージトラップを仕掛けます。

犬はきっとまた、ここに戻ってくるはずです。

ケージトラップを仕掛けていたメンバーからの連絡で、犬に食べ物を与えている女性が今、そこにいるとのこと。犬は、彼女の家について行くほどなついているそうです。保護に強力な助っ人が現れました!

子供を片腕に抱いたこの女性、さっそく犬と接触しています。確かに、犬は女性を見て大喜びでとびついたり、手から直接食べ物をもらったりしています。本当に信頼しているんですね。

リーダーが少し離れた場所で車のフロントガラス越しに様子を見ていると、女性はしゃがんで犬をなで、まるで「ほら、大丈夫だから、ケージに入りなさい。」と、犬を説得しているようです。

ケージに投げ入れた食べ物を拾いに行く犬。

女性はフタを手でおろそうとするのですが、残念ながらこのフタ、中の仕掛け板に連動していて、板に体重がのらないと閉まらないんですよね。

ところでこの人、ずっと幼児を片腕に抱いていますよ。お母さんは力強いですねえ。

確保

犬はさらにケージの奥に向かって入り、フタがガシャンと閉まりました!

車中のリーダーは思わず「やった!(That’s it!)」

いったんつかまってしまったら、この子、尻尾を振っていますよ。この女性の存在が、本当に安心感を与えたのですね。

ところでこの女性、エリザベスさん、メイクアップ法を発信するインスタグラマーらしく、協力のお礼に(?)動画内でしっかり宣伝してあげました。笑

お時間がある読者のみなさまは、ここで耳から入る英語のお勉強!

犬をケージごと車に積んで、女性メンバーが、「(犬にあげる)おやつあったっけ?(Do we have a little treat?)」とリーダーに聞くと、リーダーは、もうチーズバーガーまるまる1個食べたから、あとにしようと拒否。

続いてこう言っています。

I don’t want her to get car sick and bomb it.

直訳は、「私は彼女に車酔いしてやらかしてほしくない。」つまり、「車に酔ってやらかすと困るから。」

やらかす、とはこの場合、吐いちゃうってことですね。

bomb(ボム)は「爆弾(を落とす)」ですが、”I bombed it.” と言えば、何か大失敗した、ヘマした~です。

もしこの犬が病院へ行く途中で吐いてしまったら、She bombed it!(この子、やらかした~!)

ケア

やらかさなかったお利口なこの子を、「マヤ」と名付けました。

病院で体を洗います。

飛行機の翼のようなマヤの大きな耳はよく動いて、感情を表現してくれます。これでブルブルブルッとやると、水がよく飛びそう!

マヤはすっかりリラックスして、保護メンバーのロレータさん、マヤのかわいさにメロメロです。

それから

一時預かり施設がマヤを引き受けてくれました。そこには仲間の犬たちがたくさん。マヤはすっかり打ち解けて遊びます。

エリザベスさんになついていたあの姿が、マヤ本来の性質なのですね。道端で、オドオド、ビクビクしていた日々にサヨナラ!

動画をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。