犬が飼い主に『あご乗せ』してくる心理3選!構ってほしいの?それとも不満?

犬が飼い主に『あご乗せ』してくる心理3選!構ってほしいの?それとも不満?

この記事では「犬が飼い主に『あご乗せ』してくる心理3選!構ってほしいの?それとも不満?」をテーマに、ワンちゃんが飼い主さんにあご乗せしてくるときの心理について、いくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

犬が飼い主にあご乗せしてくる心理1:かまってほしい

人の膝に顔を乗せる犬

ワンちゃんが飼い主さんきあご乗せしてくる心理として、まず考えられるのが「かまってほしい」からです。飼い主さんの体のどこの部位でもあご乗せしてくる愛犬の姿を見たら可愛いですよね。

もしかしたらワンちゃんもそれを狙ってあご乗せしているのかもしれません。じっと見てくるワンちゃんを見て撫でたり構ってあげると喜んでいる反応をするはずです。

もし、今までにも同じようにあご乗せしてきた時にその可愛いらしい姿からワンちゃんに構ってあげたことがあると、その時の出来事を覚えているワンちゃんは、あご乗せをすると飼い主さんが構ってくれるからわざとやっている場合も考えられます。

我慢比べな状況ですが、ワンちゃんのあご乗せ攻撃に負けてしまったのであれば、たくさん撫でるなどして構ってあげてください。ワンちゃんは尻尾を振り嬉しいアピールをしてくるはずです。

しかし、ここで気をつけないといけないのがワンちゃんがあご乗せしてきたら毎回必ず応えてしまうということです。あご乗せしたら構ってもらえると認識してしまうと、飼い主さんの都合やその時の状況次第で出来ない場合であってもしつこくアピールしてきますし、もししなかったらワンちゃんは悲しんでしまう恐れがあります。

犬が飼い主にあご乗せしてくる心理2:居心地が良い

眠りそうな子犬

ワンちゃんがあご乗せしてくる心理として「居心地が良い」というのも考えられます。犬は警戒心の強い動物です。そのためリラックスをする場所は安全な場所と決めています。ましてや、あご乗せという無防備な格好でいるわけですから、飼い主さんにあご乗せしてくるのは落ち着ける場所で居心地が良いからと考えられます。

ずっと動けないのは飼い主さんとして辛いかもしれませんが、ワンちゃんのリラックスを邪魔しないであげるとそのまま気持ちよく眠れるかもしれません。

犬が飼い主にあご乗せしてくる心理3:やってもらいたいことがある

パソコンに顔を乗せる犬

犬が飼い主さんにあご乗せしてくる時の心理として、何かしてもらいたいことがあるから、近くで主張したいためにあご乗せしてくるというのも考えられます。ワンちゃんは話すことが出来ないので何かを伝えたいときは行動で表現します。

例えば、散歩に連れて行ってほしいと思っていたり、おやつを食べたいと思っていたら近くに来て、あご乗せをすることにより無言で飼い主さんに訴えかけているのかもしれません。

そこで飼い主さんがワンちゃんのしてもらいたいことをしてあげるとワンちゃんは喜ぶはずです。クイズみたいですが、ワンちゃんの主張をすぐに理解してあげたら信頼関係もより良くなります。

まとめ

膝に顔をのせるコーギー

このように様々な想いからワンちゃんは飼い主さんにあご乗せをしてきます。どのような理由であっても信頼していない相手や、警戒している相手にはこのような行動はしません。

そのためワンちゃんがあご乗せをしてきたら、あなたのことを信頼していると思っていいでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。