犬が『食物繊維不足』になっている時の症状2選!効率よく摂取してもらうための方法まで解説

犬が『食物繊維不足』になっている時の症状2選!効率よく摂取してもらうための方法まで解説

犬の食事に含まれる食物繊維について、あまり意識したことがないという飼い主さんもいるでしょう。ここでは犬が食物繊維不足になっている時に現れる症状や、効率よく食物繊維を摂取させる方法を解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

食物繊維不足の症状①便秘

便器に足をかける犬

犬が食物繊維不足になっている時の症状として、多く見られるのが「便秘」です。

人間でも同様に言われますが、胃で消化されず腸まで届いて働く食物繊維が不足すると便通が悪くなり便秘になりやすいのです。便秘の定義や基準は明確なものはありませんが、食事量は十分なのに3日以上排便がなかったり、1~2日程度の便秘であっても元気や食欲が消失している場合などは注意が必要です。

便秘になるとお腹が張って食欲がなくなったり、元気がなくなったり、嘔吐などの症状が見られることもあります。何らかの原因で腸管内で便が詰まってしまうことで、正常に腸管が動かなくなり、食べた物がスムーズに消化吸収されなくなりオーバーフローするように嘔吐の症状が出てしまうのです。

食物繊維は胃でほとんど消化されず、腸まで届くため便の量を増やしたり、便通を促進したりする効果があると言われています。健康な成犬にとってももちろん必要な栄養素ですが、運動量や筋肉量、飲水量が減って便秘になりやすい老犬などにも特に必要だとされています。ただし、食物繊維を多く与えすぎると、逆に下痢や軟便になってしまうこともあるので、体調や便の状態を確認しながら調整してください。

食物繊維不足の症状②下痢、消化不良

ウンチ中の白い犬

食物繊維不足の症状として、最も多いのが上記で説明した通り便秘ですが、実は食物繊維不足が下痢や消化不良の原因になることもあるのです。

胃で消化されない食物繊維は、胃の中で留まり他の栄養素の消化吸収をサポートしたり、腸内の細菌バランス(腸内フローラ)を整えたりする効果もあると言われています。正常な消化吸収を助けてくれる食物繊維が不足することで、食べものがしっかりと消化されず、腸内でも吸収が行われないまま便となって排出されてしまうのです。

腸内フローラはこの10年程で注目を集めるようになりましたが、人間の体にとっても犬の体にとっても非常に重要な役割を果たすものです。腸内環境が整っていなければ、どれだけ栄養価が高い優れた食事を摂っていても無意味に排出されるだけとなってしまうのです。

犬に食物繊維を摂取させる方法

大量の野菜&果物とミキサー

犬にとって食物繊維が本当に必要なのか、疑問に感じる人もいるかもしれません。一時期、「犬は肉食なので野菜は消化出来ない」という説が広まり、食物繊維を含む野菜や穀物は犬にとって不要だと考えられたこともありました。

しかし、実際のところ犬は肉食傾向の強い雑食の動物です。肉や魚だけでなく、野菜や果物、穀物に含まれる栄養素も必要としているのです。ただし、草食動物や人間とは消化器官の作りが異なるため、食物繊維を多く含む野菜などを消化吸収するのに時間がかかってしまうのは確かです。

そのため、それらの栄養素を効率よく摂取させるためには、犬が紹介しやすいよう野菜や穀物の外壁となる繊維質を分断させることが必要。茹でる・焼くなどで加熱したり、包丁やミキサーで細かく刻んだりすると効果的です。

食物繊維が多く含まれる身近な食材としては、りんご・いちご・柿などの果物や大根・キャベツ・小松菜・にんじん・セロリなどの野菜があります。

また、ダイエットのために使われることの多いおからにも食物繊維が多く含まれていますが、与えすぎると下痢を引き起こしたり、必要な栄養素の吸収を阻害してしまう恐れもあるので注意しましょう。食物繊維を摂取させるために、これらの食材をプラスする際は全体の食事量の2割以下になるように調整するといいでしょう。

まとめ

色々な食材と子犬

食物繊維は、特に栄養がなくカロリーを抑えるためや食事量のかさ増しのためなどに使われることが多く見られます。しかし、食物繊維にも犬の体を健康に維持するための大切な役割があるのです。

他の食材の栄養素の吸収を助けたり、腸内フローラを正常化して便通を整えたりする効果があります。そのため、不足したり過剰に与えすぎることで便秘や下痢、消化不良による栄養不足などを引き起こすこともあります。たんぱく質やビタミンなどに比べて、あまり重要視されにくい食物繊維ですが適切な量と方法で与えて、愛犬の健康を守ってあげてくださいね、

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。