【涙腺崩壊】ガリガリに寄せ細った野良母犬。守りたかったのは我が子たち

【涙腺崩壊】ガリガリに寄せ細った野良母犬。守りたかったのは我が子たち

多くの犬がのびのびと自由に暮らす「犬の国」ネパール。大の犬好き日本人ご夫婦『野良ママ』『野良パパ』が送る日本では見られない野良犬たちの姿。どれだけお腹がすいていても我が子が最優先。『母は強し』最愛の我が子のために生き続けた野良母犬の物語。

お気に入り登録

強く逞しくそして優しく我が子を守り続けた野良母犬

『どうか生きてほしい』野良ママ、野良パパさんが必死でサポートしてきた愛溢れる野良母犬の生き様を見届けてください。

いつだって我が子のために

ガリガリにやせ細り、それでも常に我が子を守るために奮闘し続けた野良母犬。この動画を撮影した数日後、道路で息を引き取っているのを野良ママさんが発見したといいます。

ネパールでは野良ママ、野良パパを含め多くの人々が、野良犬たちに食事などの生活サポートを行っているものの、時と場合によってはそれらが十分だとは言い切れない状況です。これほどまでにやせ細ってでも野良母犬が守りたかったもの、それは…。

愛する子犬たち

愛してやまない子犬たち。野良母犬は自身の空腹よりも、体調よりも何よりも子犬たちを優先して日々を暮らしていました。

愛情を込めて必死でお世話をする母犬

どれだけやせ細ってもおっぱいを与え続け、子犬たちのお腹はいつだって満たされ元気に成長していたのです。

子犬に譲って食べてくれない

母犬に栄養を…と、持って行ったお肉でさえ、子犬たちに譲ってしまっていた野良母犬。子犬たちを健康に育て上げたいという並々ならない強い意思は野良ママ、野良パパにもしっかりと伝わっていました。

繋がれていく命

野良母が命を掛けて繋いだ我が子の未来。その強く寛大で偉大な愛はきっと引き継がれていくことでしょう。野良ママ、野良パパが残した野良母犬の生きた証をぜひ共有してください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:野良犬ふれあい広場 Aodog

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。