成犬3匹と子犬9匹の保護。廃屋の下に這い潜って…近所の人が大活躍!!

成犬3匹と子犬9匹の保護。廃屋の下に這い潜って…近所の人が大活躍!!

高温乾燥地帯に置き去りにされたような状態の成犬と子犬たち、合計12匹を保護。廃屋の下で産まれた9匹の子犬たちを救い出したのは、保護団体メンバーではなく、近所の男性でした。

お気に入り登録

何匹いるの?

通報・発見

ロスアンジェルス郊外の乾燥地帯で生き延びている犬の親子の保護依頼を受け、保護団体HOPE FOR PAWS が出向きます。

砂ぼこりが舞い上がる様子に、高温乾燥具合を感じます。

ボランティア数人がこの保護活動に参加して、廃屋にいるらしい犬の親子を探します。

すぐに「デラニー」と呼ばれる犬が出てきて、嬉しそうにボランティアの腕に跳び込んできました。

続いてちょっとためらいがちな「ダーマ」は、食べ物をあげると少しずつ近づき、伏せて手から直接食べてくれました。

柔らかいリードを首にかけると少し逃げ腰になりますが、すぐに落ち着いた様子です。

で、子犬たちはと言うと、鳴き声を頼りに近所の人が廃屋の下に這って入って、9匹を次々に取り出してくれたのです!

女性は腕に4匹抱えていて、男性は箱で5匹運んでいます。

保護団体、今回は楽できてしまいましたね!近所の人に感謝。

そしてこの子が母犬の「ネリー」。

尻尾をバシバシ振って歓迎してくれ、まるで自分からリードに頭を通すように見えます!

ネリーはここにつながれていたようです。

これが本日のヒーロー。この人、もう子犬がいないことを確認するため、最後にもう一度、廃屋の下にもぐってくれたんです!

彼がいなかったら、保護団体のリーダーがこれをやっていたことでしょう。献身的な男性に感謝!

それにしても、すごく大変そう…うつ伏せでは無理そうですね、仰向け、正解です。

男性に連絡カードを渡し、犬の世話を約束して別れました。

ネリーも振り返って、「ありがとう!」

うじゃうじゃ。

華氏100度を超える日。=摂氏38度(38℃)。

ネリーは体ごとたらいの水に体を浸すようにしてガブガブ飲んでいます。

清潔な水もなかったのかもしれません。舌で水をすくう音が鮮明に聞こえます!

まだ目も開かない子犬たち。

それから

保護の翌日には、12匹全員一緒に、一時預かり施設に入りました。

この子たちがみんな、素晴らしい里親さんに巡り合えますように!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。