犬が『嫌な気持ち』を表現している時のサイン4選

犬が『嫌な気持ち』を表現している時のサイン4選

犬はそのとき感じた気持ちを仕草や行動で表現し相手に想いを伝えることがあります。主に犬が嫌な気持ちになっているときはストレスを感じたときに行う仕草、怒ったときに見せる行動をすることが多いといえます。愛犬の気持ちをより理解するために『嫌な気持ち』になったときのサインを知っておきましょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

1.あくびをする

あくびをするトイプー

愛犬があくびをしている姿を見て、「くつろいでいるのかな?」と感じる人はたくさんいると思いますが、実は犬のあくびはストレスを感じているときのサインとして有名だったりします。

例えば、叱っているときや愛犬が苦手な場所に出かけたときにあくびをした場合は、ストレスを感じながら嫌な気持ちになっている可能性が高いといえます。

愛犬を無理やり抱っこしたり雷の音などを聞いたときにあくびをすることがある。そういったケースも嫌な気持ちになっていることが多いといえるでしょう。

このように苦手な環境によって愛犬が不安や緊張している。苦手なことをされた。そんな場合に愛犬があくびをするときは、嫌な気持ちになっていることがよくありますので、それ以上ストレスを感じさせないように気をつけてあげてくださいね。

ちなみに、犬があくびをするときは人間と同じように『眠たい』『リラックスしている』といった場合ももちろんあります。愛犬がお気に入りの場所でのんびりしているときにあくびをしているときはくつろいでいるといえるでしょう。

2.自分の体を舐める

自分の足を舐めるポメ

犬は嫌な気持ちになっていたり何らかの原因によってストレスを感じていると、自分の体を舐めて気分を落ち着かせようとすることがあります。

あくびと同じように叱られたり嫌な出来事が起こったりしたときは犬が「嫌だなぁ……」と感じやすいので、前足などを舐めることが多いそうですよ。

普段の生活だと時間をかけて叱っていると犬が「そんなに怒らないでよ~……」と落ち込みながら自分の前足を舐めることがよくありますので、嫌な気持ちにさせ過ぎないように叱るときは短く叱ることをおススメします。

3.無視をする

どこかを見ている犬

犬が嫌な気持ちになっているときは『無視』することも多かったりします。

犬も私たち人間と同じようにひとりでゆっくり過ごしたり、気分がどんよりと沈み込むことがありますので、そういったときに犬を呼んだり可愛がったりすると「そっとしておいてほしいなぁ……」と少し嫌な気分になりながら無視をすることがあるのです。

いつもなら呼ばれるとすぐに反応する愛犬が珍しく無視をする。そんな場合はひとりでのんびり過ごしたいと感じている可能性がありますのでそっとしておいてあげると良いと思いますよ。

ただ、半日以上無視をする。お気に入りの場所から動こうとしない。といった場合は体調不良や病気の可能性もありますので、愛犬を見て少しでも心配になった場合は念のため病院に連れて行ってあげてくださいね。

また、無視をするに似ていますが、苦手な相手に対してはまずは視線をそらします。散歩中やドッグランなどで、近づいてくる人や犬から視線をそらす場合には、その相手に対してあなたの愛犬は嫌な気持ちを持っていて、近づいて欲しくないと思っているでしょう。飼い主さんであるあなたが、相手がそれ以上愛犬に近づくのを止めてあげてくださいね。

4.唸る・歯をむき出しにする

怒っている犬

嫌な気持ちになったとき、そしてそれまでの穏やかな方法でのアピールでは伝わらなかった場合、犬は怒りながら自分の想いを伝えることもあります。そうです、ご想像のとおり犬が怒るときに行う『唸る』、『歯をむき出しにする』といった仕草を見せながら「嫌だ」という気持ちをアピールするのです。

散歩中に、近づいて欲しくない恐怖を感じる相手が近づいてきた。それ以上近づいてきたら、自分の身が危ない、と思った時などにこのような仕草をするでしょう。

愛犬が『唸る』『歯をむき出しにする』といったサインで嫌な気持ちをアピールするときは最大級に嫌がっているといえます。

愛犬が怒りながら嫌がっている素振りを見せたら、それ以上相手が近づくなど、さらに恐怖を与えることをしないようにしてあげてくださいね。もし、この「嫌だ」というアピールを無視してさらに愛犬が恐怖を感じるようなことをすると、次は攻撃(=噛む)または逃げるという形で愛犬は自分の身を守ろうとします。散歩中はリードの範囲でしか、ドッグランではフェンスの内側でしか身動きがとれない犬は、自分の身を守るためには逃げることができず、攻撃という形をとるしかなくなることが多いでしょう。

他にも例えば、犬がおもちゃを使っているときに手を出そうとすると「僕のオモチャを取らないで!」と唸りながら嫌がる。ご飯を食べているときに邪魔をすると歯をむき出しにしながら「これは僕のご飯だ!」と怒る。といったことがよくあるかもしれません。誰しも自分が楽しんでいるときに邪魔をされると嫌な気持ちになったり怒ったりしますよね。ですが、犬の食事は邪魔してはいけないものの、おもちゃやご飯は飼い主さんの持ち物であるべきです。飼い主さんの持ち物に対して犬が「僕のだ!」と主張する場合、飼い主さんと犬との信頼関係がきちんと築けていない可能性があります。「犬のおもちゃだから」「犬のご飯だから」と犬が主張するままにさせることは、良い関係を築くことになりません。

まとめ

隠れながら様子を見る犬

犬は様々な仕草や行動で嫌な気持ちを伝えてくれます。

嫌な気持ちになっているときのサインやストレスを感じているときのサインを見逃していると愛犬に嫌われたりストレスを溜め込ませてしまう原因になってしまいますので、日頃から愛犬の仕草や行動をよく観察しておくことが大切といえるでしょう。

愛犬が嫌な気持ちをアピールしている姿をよく見かける場合は普段の生活で何らかの不満を感じている可能性がありますので、一度接し方を見直してみるのも良いかもしれませんね。

監修獣医師による補足

犬が葛藤や不安を感じた時に行う1~3の行動は一般に「カーミングシグナル」と呼ばれています。犬はもともと不要な争いは避けよう、避けたいと思っているので、このような行動をすることによって自分に敵意がないことを伝えようとしているのです。

しかしこのようなシグナルでは相手に伝わらなかった時、それでも相手が恐怖や嫌なことの対象であり続ける時は、4のような相手を威嚇、相手に警告するという手段に出ることになります。犬が威嚇をしたりあからさまな警告を発したりする前のちょっとしたシグナルの段階で犬の嫌な気持ちや不安、恐怖に気づいてあげましょう。

獣医師:木下明紀子

こちらの記事も参考にしてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。