台風が町を破壊。犬たちの救助活動は、社会の再生にもつながっている

台風が町を破壊。犬たちの救助活動は、社会の再生にもつながっている

台風がフィリピンの町を通過した後には、破壊しつくされた町と、犬たちが取り残されました。犬の救助活動は、町を復興させようと協力する住民にとって、希望の光でもありました。

お気に入り登録

「小さな家族」の救助は、再生への希望

また一緒に暮らそう

動画の最初に登場するこの白い犬は、負傷した左前足をかばいながら、3本足で歩いています。

フィリピンのある町で、大型の台風が去った後の町の様子です。

見渡す限り家屋が倒壊し、多くの飼い犬たちも犠牲になりました。

この子の飼い主は、犬を置いて避難したそうですが、その事を動物愛護団体The Humane Society International(HSI、国際人道協会)に連絡し、犬の救助を依頼しました。

水も食べ物もなく置き去りにされていた犬は、すぐに警戒心を解き、抱きかかえられて尻尾を振っています。

視力をほとんど失っているこの老犬の飼い主の男性は、家を失って、当面ホームレス生活を余儀なくされました。これから生活をたて直さなければならず、その間は、犬の面倒を見ることができません。

彼はHSIに、犬の世話を依頼しました。生活を立て直すことができたら、きっと迎えに来ると言います。もしそれがかなわなかったら、どうか、この子に新しい家庭を見つけてあげて欲しいと、率直に語りました。

「HSIに感謝します」と言い、キャリーケースに入れられ、車にのせられる犬を見送る表情は、安堵と寂しさが入り混じっています。

男性の生活が安定し、彼らが再び一緒に暮らせる日がくることを信じたいですね。

「人々は、私たちの救助活動に希望をみいだしています」と語るHSIのスタッフ。

「ペットは彼らの小さな家族ですからね。私たちが救助の手を差し伸べなければ」スタッフの優しい表情と話し方に、見ているだけでも癒されそうです。

こちらは、動画の最初に登場した犬ですね。この子にも救助の手が差し伸べられます。

犬は喜んで近づき、尻尾を振っています。痛む足を抱えて荒廃した町をさまよっていたこの子は、どんなに安心し、嬉しかったでしょう。

犬たちが次々に運び込まれます。

ケガをしていれば応急処置が施されます。

犬たちはHSIのシェルターに集められました。犬を探す各家族は、ここで再会を果たします。

この男性は、「小さな家族」との再会に顔をほころばせています。

最後に

フィリピンも日本と同様に、台風や活火山などの自然災害と隣り合わせで社会が運営されています。

自然災害の爪痕は甚大で、失うものは時に非常に大きいのですが、その後に再び立ち上がろうとする時、人々の絆はいっそう強くなるのかもしれません。

小さな家族たちの救助も、その絆の中に生まれる活動の一環なのでしょう。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:Humane Society International
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。