【飼育放棄】孤独に耐え抜いてきたフレブルさんがみせた最高の笑顔

【飼育放棄】孤独に耐え抜いてきたフレブルさんがみせた最高の笑顔

ケージの中に閉じ込められたまま、孤独に生きてきたフレブルさん。家族と仲間に囲まれてみせた最高の笑顔に胸打たれる!

お気に入り登録

ケージに閉じ込められ孤独に生きてきたフレブル「小次郎」

大阪府富田林市で犬の問題行動のリハビリトレーニングセンター、保護犬シェルターを運営をする”一般社団法人Animal Rescue Nursing”。ポチパパさん、高木里絵湖さんが差し伸べる「愛の手」によって多くの命、そして未来を照らしています。

飼育放棄されたフレンチブルドッグ

1年ほど前に飼育放棄によって保護されたフレンチブルドッグの小次郎くん。

保護前には、食べ物を前にすると凶暴になる「フードアグレッシブ」や「噛む」などの問題行動を抱えていると言われていたものの、いざお迎えしてみればとっても良い子で驚いたと里絵湖さんは語ります。

ママや仲間もできました

ずっとケージに閉じ込められたまま、ひたすら孤独に耐えて生きてきたという小次郎くん。

しかし、保護犬達の楽園へやってきてからは、その人懐っこく物怖じしない性格も幸いしてママ役のつぼみちゃん、そして大きくて優しい仲間たちにも出会うことができました。

やってきた卒業のとき

しかし、フレンチブルドッグは保護犬達の楽園で暮らす元野犬の子たちや大型犬種たちよりも暑やさ寒さに弱いこと、そして心身の不安定さからか自律神経失調症状なども認められたいたため、一日でも早く”永遠のお家”が見つかることを1年間ずっと祈っていたといいます。

新しい仲間と家族

そしてやっと、小次郎くんの永遠のお家が見つかりました。

家族になる犬達とも上手くやっていけそうです。寂しいけれど、嬉しい、嬉しいけれど、寂しい…複雑な感情に苛まれながらも、里絵湖さん、そしてポチパパさんは小次郎くんの新たな門出を笑顔で送り出します。

最高の笑顔

「お幸せにね!」その言葉を背に新たな家族の元へ帰る車へと乗り込んだ小次郎くん。もうすっかり”家族”ですね。新しい仲間も小次郎くんを受け入れてくれたようです。

保護犬達の楽園に保護された命が、またひとつ明るい未来へと向かって歩みだしました。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:里絵湖と保護犬達の楽園(ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】)

ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

▼▼ Facebook ▼▼
https://www.facebook.com/yoshihiro.kitamura.121

▼▼ Twitter ▼▼
https://twitter.com/pochipapa_

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。