『保護する人』と『される犬』の攻防が秀逸!かしこい大型犬をレスキュー

『保護する人』と『される犬』の攻防が秀逸!かしこい大型犬をレスキュー

落ち着き払ったような、食い意地がはっているような、賢いような。そこはかとなく面白かわいい犬の保護。

お気に入り登録

勝手におっさんキャラにして、ゴメン!

通報・発見

廃品集積場に居ついた「ワイリー」と呼ばれる犬の保護依頼を受けて、保護団体HOPE FOR PAWS が出動しました。

早速、アームチェアでくつろぐワイリーを見つけました。

「お、お客さんかい。いらっしゃい。」と、吹き出しのせりふをつけたくなるような風情です。

犬と人の攻防

食べ物を差し出すと、「へえ、くれるのかい。」と立ち上がります。

全くためらわず、大きな口を開けてパクッ。

「でもよ、タダより高いものはねぇって言うからね。くわばら、くわばら。さいなら!」

あれ、逃げちゃうの?

と思ったら、逃げずにまた食べ物をもらいに近づいてきました。

ワイリーが首を伸ばして口を開けた瞬間、リードを首にかけようとします。

ワイリーの首を引っ込める反射神経が一呼吸早かった。

「おいおい、何のまねだい?」という表情を浮かべるワイリー。

でもやっぱり、食べたいみたい。

食べ物をはさんで、しばらく犬と人の駆け引きが続きます。リードを首にかけるのに失敗するたび、ワイリーは怪訝な表情を浮かべます。面白いので是非動画を見てください!

結局、リード作戦はうまく行きませんでした。笑

ケージトラップに切り替えます。

ワイリーの面白い所は、怪しみながらも、全然逃げないんですね。

「今度は何だよ?」と、ふたの開いたケージトラップ(と、食べ物)を見つめています。

「おいおい、だますつもりかい?」

怪しいことは十分承知ですが、やっぱり食べ物の誘惑に負けちゃったワイリー。

ケージに入って食べたんですけど、ふたが締まる仕掛けの踏み板には体重をかけないという賢さ。ふたは落ちず、ワイリーはさっさと出てきてしまいます。

ワイリーが一枚うわてでした。

そろそろおなか一杯になったら、食べ物に反応しなくなってしまいます。

ケージトラップのふたに長いロープをつけて、手動でふたを閉めることにしました。

これがうまく行った!

食べ物を取りに再びケージに入ったところで、ふたをパタンとおろしました。ワイリーはオロオロしますが、パニックは起こしません。

「おいおい、どうしようってんだい?」

ケア

病院に到着すると、ワイリーはさすがに、おっかなびっくり。

マッサージして安心してもらい、それからシャワーです。上を向いて耐えるけなげなワイリー。

それから

ワイリーは里親さんに引き取られたようです。

よかった!

ワイリーの反応がそこはかとなくおもしろかわいい。必見動画です!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。