あのニューファンの兄弟犬を保護!一緒に「ずっとのお家」へ

あのニューファンの兄弟犬を保護!一緒に「ずっとのお家」へ

先に保護された黒い大型犬と一緒にいたというもう1頭は、人を恐れて逃げ、行方不明になっていました。その後、元いた場所にふらっと戻ってきた犬を改めて保護すると、その犬にはもう1頭、友達がいると判明します。

お気に入り登録

大型犬が次々に現る!

通報・発見

先日ご紹介したニューファンドランド犬の「エベレスト」を覚えていらっしゃる読者もいるかもしれません。

エベレストのレスキューの際に、もう1頭一緒にいた犬は姿を消してしまい、消息はわからず。とお伝えしました。

その動画がこちら。

その後、その行方不明の犬が戻ってきたと、近所の人がエベレストの里親さんに連絡をくれたのです!

きっと、もし見かけたら知らせると約束していたのでしょう。

しかもその犬は、エベレストの兄弟らしいのです。

再び現場に到着した保護団体HOPE FOR PAWS を、これまで犬たちの世話をしていた姉妹が出迎えてくれ食べ物を用意していると、その犬が現れました!

全く動じなかったエベレストと違い、こちらは警戒して距離を取っています。

逃げて姿を消したぐらいですから、兄弟でも性格が違いますね。

それでも毎日世話してあげていた女性が、食べ物を差し出すと、目の前で食べています。

車通りの激しい道の歩道から、安全な敷地へ犬を誘導します。

女性と食べ物を追って、犬はフェンスの中へ入って行きました。

それを確認して、そっと門を閉めます。

敷地内では、女性の手から犬が直接食べ物をもらっていますが尻尾が下がって、少し緊張気味ですね。

「エベレストのきょうだか、いとこか、血縁関係はあるんだろうね」という会話が聞こえます。

他の人たちが近づくのを見て犬はナーバスになり、出口を求めて歩き出しました。

この敷地、赤の他人の住居ですね。大胆に入っていきましたが、急いで許可をもらったことでしょう。

家の周りを一回りして戻ってきた犬を、女性3人がやさしくつかまえました。犬も無理して逃げようとはしませんでした。

「フジ」と名付けたこの犬には、実は友達がいるというではないですか!

ちょうどその犬も表に現れました。

フジに食べ物をあげた同じ女性が、尻尾を振って一生懸命食べる「タイ」に、無事にリードをかけました。

肋骨もうっすら見えて、やせていますね。

リードをつけられたのも気にせず、タイはフジの元へ歩いてきました。

ケア

2頭はそれぞれ病院で薬湯に入れてもらいました。特にタイは、ダニが原因の皮膚病にかかっています。

大人しく洗われるタイと…

舌を出して立ち上がるフジ。

フジもダニとノミにたかられていました。

気分がよくなって、嬉しそうに遊ぶ2頭。リラックスした犬は、本当にかわいらしいですね。

タイの背中には、新しく縫った跡が。ん?説明がないのではっきりしませんが、保護したその日じゃないのかもしれません。

とにかく2頭は元気!

それから

フジはオレゴン州へ。そう。エベレストが今住んでいるところです!

里親さんは、タイも一緒に引き取ることはできなかったみたいです、残念、でもありがとう。

エベレストと再会したフジは、走り回って喜び爆発。黒い兄弟?いとこ?たち、よかったね、元気でね。

そして、タイは?

大丈夫、ロスアンジェルスで、こちらも素敵な里親さんに出会いました。同じぐらいの大きさの友達ともすっかり仲良しです。

嬉しい嬉しいハッピーエンド!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。