「お座り!」の言葉に反応してくれた野良犬の保護。心が通じる不思議

「お座り!」の言葉に反応してくれた野良犬の保護。心が通じる不思議

2匹の犬の保護にくると、1匹はすでに誰かがつかまえて自宅で保護しているとのこと。走って逃げるもう1匹に、必死に声をかけ続けると、何かが通じたような瞬間が訪れました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

食べ物なしで、つかまえられる?

通報・発見

病院のそばに居ついた2匹の犬の保護依頼を受け、保護団体HOPE FOR PAWS がかけつけました。

病院の駐車場を、犬が小走りに通り過ぎて行きました。もう1匹はすでに誰かがつかまえてくれたそうです。仲間が消えてしまったので、残った犬は焦っているよう。走る犬を追って、人も走ります。

焦る犬に同調してか人も焦って、いつもの小道具、食べ物と布リードを、車に置いてきてしまったそう。手元にあるのは、ワイヤリードだけです。どうする?

彼はイチかバチか、「お座り!いい子だね!(Sit! Good girl! )」と呼びかけてみました。

すると驚いたことに、犬はゆっくりと、その場に伏せたのです!

なんでしょうね。犬が突然、「この人は大丈夫」と理解したのでしょうか。かつて幸せな時に、「お座り!」を聞いていた、その記憶がよみがえったのでしょうか?さっきまであれだけ逃げていたのに、不思議です。

興味深いのは、犬への継続的な声かけです。犬は一語一句を理解しないでしょうけれど、何か、バイブレーション、波動のようなものが、伝わるのでしょうか?
それとも、言葉を投げかけることで、保護者自身の気持ちが、より一層、犬へと集中するのかもしれません。

信頼のまなざし。この後、横たわっておなかを見せてくれたところで、もう1人の保護メンバーが、布リードを首にかけます。

この犬に「ティフィ」と名前をつけ、腕にかかえて車に運びました。

ケア

病院でダニを取ります。

みなさん、覚えていますか?もう1匹の犬がいたはずだと。病院に、その子が届けられました。見れば、ティフィとうり二つ!一回り小さいようです。「ソフィ」は、どうやらティフィの子のようです。

ソフィをつかまえていったん自宅へ連れ帰った際、ソファから飛び降りたはずみに足の骨を折ってしまったそう。

ティフィとソフィ親子の再会です。

ソフィの骨折はきれいに治してもらいました。

その後

ティフィとソフィ親子は、一緒に里親さんに引き取られました!2匹の幸せな姿を是非動画でご覧ください。追われたティフィが伏せをする場面もお見逃しなく!

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。