骨折したまま走る犬のレスキュー。治療後の表情の変化に注目!

骨折したまま走る犬のレスキュー。治療後の表情の変化に注目!

前足を骨折した犬。三本足でも全力で走る犬に、人は追いつけません。追いかけると走らせてケガを悪化させてしまう危険もあります。追うのではなく、なついてもらって、保護できました。

お気に入り登録

大けがをした前足を突き出して走る犬

通報・発見

自動車にはねられてケガをした犬の保護依頼を受けて、保護団体HOPE FOR PAWS が現場に急行しました。

発見した犬は、草地でうずくまって痛みをこらえているようです。

犬が逃げないように、協力者たちとプラスチックフェンスを持ち出しました。その場ですんなりと保護できるとよいですが…。

逃走

案の定、危険を感じた犬は、前足をかばいながら走り出します。

避けたかった状況になってしまいました。ケガをした足に体重がかかって、余計に傷つけてしまうかもしれません。

保護団体リーダーの声にも焦りがにじみます。

「ほら、食べ物あるよ!おいで!」

しかし犬は走り去ってしまいます。

接近

保護団体のメンバーが走り、犬の行く手に先回りしました。

食べ物をあげてみると、犬は大人しくその場にとどまり、手から直接食べてくれます。

このまま落ち着いてくれるかな?

犬の頭に触れることもできました。いい感じです。

その時、道路で突然ちょっとした騒音が発生すると、犬は驚いて逃げてしまいました!

左前足をケガ(おそらく骨折)しているようで、前方に伸ばしたまま、ピョコピョコと早足で歩き去ります。

追われていると自覚してあわてた犬は、骨折した足も地面について走り始めてしまいます!重傷なのに逃げ足、速い!

跳ねるように道路を横断してしまいます。ヒヤヒヤです。

そんな調子で何kmも追いかけっこをしたそうです。足が…。大丈夫でしょうか!?

最後は走っている人の靴ひもがほどけてしまい、第1ラウンド終了。犬は走り去りました。

うろうろと犬を探すこと45分、30区画先でやっと、駐車した車の下に隠れているのを見つけました。先ほど触るまで接近できた女性が、再度食べ物を持って接近します。

犬は車の下から出て来てくれました。確かに彼女には心を許しているようですね。

カメラに視線を向けて、「あいつはちょっと、うさんくさいな…」とでも思っているのでしょうか?

スピードはそれほど出ていませんが、車が横をどんどん通過します。女性は思い切って、犬の首筋を素手てわしづかみしました。

驚いた犬に咬まれる可能性もある危険な行為です。

犬はもしかしたら、すでに彼女を信用して、彼女のすることを受け入れてくれたのかもしれません。片手で布リードを首のまわりにとりつける間、じっとしていてくれました。

リードにつながれて少しだけ暴れますが、すぐに観念します。

この時、犬を「エコー」と名付け、女性はケガをした犬を小脇に抱えて保護団体の車に運びました。

ケージに入った犬に、リーダーが声をかけます。

「おーい、何で逃げるんだよう。」

(アンタはうさんくさかったんだよ…)←エコー心の声。

ケア

病院に着くと、エコーはすっかりリラックスした様子です。

早速骨折の状態を検査すると、骨が完全に砕けてしまっていて、切断するしかない状態だと判明しました。

そっか…。うん、でも、前を向いて行こう!

それから

三本足のエコーは、里親さんを絶賛募集中!(※現在は終了しています。)

片足がなくなって、なだらかな胸が広がっています。

犬はそのことを「なんで?」とは考えません。

想像ですが、たぶん、「あれ?何か変?ま、いっか。」

そして三本足の歩行に慣れてゆくのでしょう。

あんなにおびえていたのがウソのように、明るい表情で、なでられたり、おやつをもらったり、遊んだり。是非、動画をご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。