犬が『本気噛み』をする心理3選!やめさせる方法は?

犬が『本気噛み』をする心理3選!やめさせる方法は?

犬の問題行動の中でも重大なのが『本気噛み』。人を怪我させた場合、噛まれた人も、噛んでしまった犬も、辛い状況に陥ってしまう可能性があります。この記事では犬が『本気噛み』をする心理とやめさせる方法をご紹介いたします。

はてな
Pocket
お気に入り登録

『本気噛み』と『甘噛み』の違い

人の腕を噛む犬

愛しい愛犬が『甘噛み』を通り越して『本気噛み』してきたら、飼い主さんのショックは相当なものかと思います。『甘噛み』は犬がじゃれて遊んでいる時に、軽く噛みつく行為のこと。力加減をしているので、噛まれた側が怪我をすることはほとんどありません。『本気噛み』は読んで字のごとく、力加減なく本気で噛んでくるので大怪我に繋がる恐れもあります。

どんなに大好きな愛犬であっても、『本気噛み』されてしまうと、愛犬に対して恐怖心が芽生えてしまうほどだと思います。犬の『噛む』という行為には、いくつかの種類があり、もちろんその時の感情もあります。決して無意味に噛みついているわけではありません。犬の問題行動の中でも一番重大と言われる『本気噛み』。その心理を探ってみました。

犬が『本気噛み』をする心理3選!

人の手を噛むチワワ

1.興奮して力加減が出来ない時

犬は楽しいことが大好き。飼い主さんと遊ぶことに喜びを感じる個体はとても多いはず。しかし、犬種がもともと持つ性質や、個体による性格によって、非常に興奮しやすいタイプの子もいます。日頃は従順で賢いワンちゃんであったとしても、楽しくなりすぎて興奮しすぎたとき、自身の感情をコントロールできず、一緒に遊んでいる飼い主さんを力任せに噛んでしまうことも。

愛犬と一緒に楽しく遊ぶことは、犬の心身の健康を保つためにも、とても大切なことですが、興奮しすぎてしまうのは良くありません。『本気噛み』に繋がる危険性があるのはもちろん、自身の興奮で体温が上がってしまい熱中症を起こしてしまう子もいます。

遊んでいる最中、愛犬のテンションが上がってきたら、まずは落ち着かせるための行動をとりましょう。犬はフセの体勢をとることで少しずつ気持ちが落ち着いてくるので、愛犬にフセをさせ、興奮が収まってからまた一緒に遊んであげましょう。

2.抵抗の意志

犬にはしてあげなければいけないケアが沢山ありますよね。爪切りにシャンプーにブラッシング、歯磨きも大切ですね。これらのケアが苦手なワンちゃんも少なくないはず。

子犬の頃から慣れさせることができている上、飼い主さんとの信頼関係もしっかり築けていれば、安心して身をゆだねてくると思いますが、なかには抵抗するために噛みついてくる子もいます。これは、抵抗の意志でもありますが、自分自身の身を守りたいという心理でもあります。

3.攻撃心

犬は恐怖心がピークに達したとき、また縄張りや自分自身の大切な物を守るときなど、様々な場面で『本気噛み』の行動に出ることがあります。これは、攻撃行動のひとつ。本気噛みをする前に、唸る、吠えるなどの前兆となる行動が見られるはずです。

飼い主さんに対して、攻撃の気持ちで『本気噛み』をしてしまう場合は、残念ながら信頼関係が築けていないと考えられます。多くの原因としては厳しすぎるしつけ、暴力など、愛犬に不信感を持たれてしまう行動になります。心当たりがある方は、しつけの仕方を見直し、愛犬と一から信頼関係を築く必要があるでしょう。

犬の『本気噛み』をやめさせる方法は?

トレーニング中の犬

ドッグトレーナーさんの力を借りましょう

個人的な考えではありますが、愛犬の『本気噛み』で悩まれている飼い主さんは、プロの力をお借りするのが一番だと思います。犬が『本気噛み』してしまう時の心理は、興奮や抵抗、攻撃など基本的に負の感情ばかりです。

苦手なケアに関しては、愛犬が負担にならないようなケアの仕方で「大丈夫なんだよ」ということを教えてあげることが大切でしょうし、怖がりな犬に関しては「怖くないんだよ」ということなど、根本的な部分から教えて理解してもらい、愛犬に「安心感」を植え付けてあげることが重要なのかもしれません。

そして、それをしっかり教えてあげるには飼い主さんとの信頼関係が築けていることが絶対条件かと思います。しかし、信頼関係が成り立つ前に『本気噛み』により、大怪我をしてしまう危険もありますよね。そうなる前にプロの力をお借りすることをお勧めします。

そもそも犬は古い時代から人間の最良のパートナーと言われ、よほどのことがない限り、人に大怪我をさせるほど噛むことはないはずです。『本気噛み』してしまう子は、もちろん持って生まれた気質もあると思いますが、それまでの飼い主さんのしつけが厳しすぎた、またしつけが不足すぎたなど、何らかのしつけに関する問題があるはず。

犬の『本気噛み』は飼い主さん、また周囲の方を巻き込んで人に怪我を負わせる危険性があるだけでなく、人を噛んでしまった犬は通報され保健所に引き渡さなければいけなくなることもあります。最悪は犬の命にもかかわるのです。愛犬も飼い主さんも穏やかに過ごせるよう、プロの意見を参考にすることも必要だと思います。

まとめ

飼い主さんの足元で見上げる犬

犬の『本気噛み』は飼い主さんにとって、とても頭を悩ませる問題行動ですよね。しかし、『本気噛み』してしまう犬は、犬自身もネガティブな心理状況のことが多いのでストレスも感じているはずです。

そして、『本気噛み』の原因となってしまう刺激も個体によって非常に様々。愛犬に無理強いして、止めさせることは難しく、家族全員の行動や生活環境を見直すことも大切なようです。『本気噛み』の行動がひどくなる前に、経験や知識が豊富なトレーナーさんを探してみましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。