鎖につながれ、エサなし、水なし、愛情なし。生後半年の犬を保護

鎖につながれ、エサなし、水なし、愛情なし。生後半年の犬を保護

動物愛護団体がネグレクト状態の犬たちを発見し、保護。そのうちの1頭は、まだ子犬らしさを残した若い犬でした。一時預かりから里親さんへの引き渡しへ、愛護団体の職員が気持ちを吐露します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ネグレクトを脱して

発見

「コーラ」が動物愛護団体PETAに発見された当時、コーラは生後半年ほどの子犬でした。

他の3頭の犬と共にずっと鎖につながれ、食べ物や水も十分に与えられていませんでした。

保護

PETAはコーラを保護しました。これは保護直後?鎖から解放され、とても嬉しそうで、いまにも跳ね上がりそう!

この状況での「保護」とは、無責任な飼い主から譲り受けたということです。きっと難しい交渉だったことでしょう。

動画内の説明ではコーラの他の犬について言及されませんが、他の3頭も同時に保護されていることを願います。

コーラの首には、鎖が食い込んだ大きな傷がありました。

鎖につながれネグレクトに置かれた犬によく見られる深い傷ですが、治療で治癒するでしょう。

コーラを連れ帰ったこの女性は、コーラと離れがたくなり、自宅で預かることにしたのです。

新たな出会い

2ヵ月後、犬を亡くした女性がコーラの里親になってくれました!

亡くした犬のことに触れると女性はまだ涙声ですが、「コーラは私にとって、前の子と同じようにとても大切で、もう彼女に夢中です。」と言います。

初対面から、2人は意気投合でした。コーラ、尻尾フリフリ、リラックスし過ぎ!笑

素晴らしい出会いをお互いに喜び、感謝するPETAのスタッフと里親さん。
足元には、2人の間に座って見上げるコーラです。

うれしい別れ

PETAのスタッフの女性は、喜びと共に、2ヵ月一緒に暮らしたコーラを送り出す寂しさも語ります。出会いと別れ。でも、とても前向きな、うれしい別れです。

施設に留まっている多くの犬たちとその世話をする人々が、1頭でも多くこの嬉しい別れを経験できますように。

そして動物虐待がこの世からなくなりますように。

おもちゃで遊んだり、走ったり。愛らしいコーラを動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。