犬の性格は千差万別。5匹の犬の保護の方法も犬それぞれ。

犬の性格は千差万別。5匹の犬の保護の方法も犬それぞれ。

米国カリフォルニア州の、路上生活の犬が特に多い地区。ある日はそこで、5匹の犬を次々に保護しました。性格が異なる犬たちを、それぞれに適した方法で保護します。

お気に入り登録

すぐなつく犬もいれば、警戒心の強い犬もいる

ある日の保護活動

ロスアンジェルスの保護団体HOPE FOR PAWS はある日、3匹の犬の保護に向かって、結局5匹を保護することになりました。

1匹目

まずは予定していた「チューリップ」の保護です。

親切なトラックの運転手さんたちが、チューリップに食べ物を与えて、人に対する恐怖心を減らしてくれていました。

この人が、そのうちの1人。彼に対しては、怖がりのチューリップもこの通り心を開きます。

このまま抱き上げて、車の中のケージに入れました。

2匹目、3匹目

続いて一緒に行動する2匹を発見。

日陰にいる黒い犬が「クリスタル」、手前の茶色が「コウリ―」です。

2匹とも食べ物に素直に反応して、ちょうだい、ちょうだい、とついてきます。簡単に抱き上げることができました。

4匹目、5匹目

フォンタナという、路上暮らしの犬が多い地域だそうです。3匹を車に乗せて移動中、さらに2匹の犬を見つけて保護しました。

顔が見切れてごめんなさい。後ろの小さいのが「モンティ」、手前の顔が見えない白黒が、「ブレア」です。

ブレアは人と触れ合うのも、食べ物のオファーも喜んで受け入れて、すぐにつかまえることができました。

それに比べてモンティは、近づいては去り、戻っては逃げ。持久戦になりました。プラスチックフェンスで囲い込む作戦も失敗します。

今度はすっかりなついてリラックスしてくれたブレアをケージトラップに入れて、モンティを中へ誘導しますが、寄ってくるのに入らない。

この時のモンティの心理はどんなものなのでしょう。友達はすっかり、敵のわなにはまってしまった!と焦っているのでしょうか?

結局、モンティが食べ物を求めて近寄ったところを、グワシッと手づかみしました。

モンティは、腕に抱かれてしまったら、緊張が解けたようです。

ケア

さて結局、全部で何匹を保護したでしょう?病院でみんな、からだを洗いました。改めまして、これがブレアです。

コウリ―はあごに問題が見つかり、翌日、緊急に手術をしました。手術後、コウリ―は目に見えて気分がよさそうになったそうです。

エリザベスカラーをつけて、病院スタッフにあいさつして回るコウリ―です。

その後

モンティ、クリスタル、コウリ―の3匹が一緒に、そしてチューリップ、ブレアがそれぞれ、施設と個人宅で一時預かりが決まりました。

今回保護した5匹の中には、捨てられたことがはっきりわかっている犬たちもいます。安易に買ったり譲り受けたりして後で捨てるのは、もってのほか。犬を飼うことは命を預かることと心に留めて、責任を持ちたいですね。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。