砂丘でひとり「泣いて」いた犬の保護。孤独の先に見つけた友達と家庭

砂丘でひとり「泣いて」いた犬の保護。孤独の先に見つけた友達と家庭

3週間、砂丘で声をあげていた犬を保護。砂地を逃げ回った挙句に、茂みの中で人の手を受け入れました。犬は孤独の先に、新たな幸せを見つけました。

お気に入り登録

砂丘に座って泣いて(鳴いて)いた犬

通報・発見

浜辺に捨てられたその犬は、3週間、砂丘に座って鳴き声を上げていたそうです。

保護依頼を受けた保護団体HOPE FOR PAWS が現場に到着すると、確かに砂丘の上に犬がいます。

接近

人が近づく気配を察し、速足で移動する「レミ」。その先のビーチが気持ちよさそう!

砂浜と砂丘を区切るフェンスにはばまれてUターンするレミにワイヤリードを差し向けると、ワン!「来るな!」と一声発して、すたこら逃げて行きました。

レミを追って、1.6kmも走ったんですって!根性ですね~。レミはついに、ちょっとした茂みに身を隠しました。「もう、暑くてやってらんないよ」といった風情。

そっと手を伸ばしてみると、触ることができました。

首輪をしています。泣いているのが見つかった時、捨てられたのでしょうか。

保護

茂みから引っ張り出す時は抵抗しましたが、食べ物でつったり、なだめすかして、やっと出てきました。

疲れ果て、車の中ではこんな風に、とろーん。

病院では、同じ日に保護された「チャンス」にごあいさつ。

その後

レミの保護活動に参加していた女性が、数週間後に里親さんを見つけてくれました。それは、女性が8年前に保護した犬「ジンジャー」の里親さんでした。

孤独だったレミは再び飼い犬になり、ジンジャーという、「姉妹」も手に入れたのです。

姉妹のようによく似たレミとジンジャーが仲良く遊ぶ姿を動画でご覧ください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。