鎖につながれ食べ物も水もない…置き去りされた犬を飢えと孤独から解放!

鎖につながれ食べ物も水もない…置き去りされた犬を飢えと孤独から解放!

林の中の家(あるいは小屋)の外に、重い鎖でつながれた犬が、食べ物も水もない状態で置き去りにされていました。体はやせ細り、肋骨が浮いています。首の周りで溶接された鎖をボルトカッターで力づくで切断しました。

お気に入り登録

鎖をひきずって、飢餓と孤独に耐えた犬

通報・発見

木々に囲まれ道路から奥まった敷地に、鎖につながれて放置された犬が見つかりました。保護団体Stray Rescure of St. Louis が、保護に乗り出します。

犬は鎖につながれてガリガリにやせ細り、食べ物も、水さえもない状態でいったい何日耐えていたのでしょう。

保護団体メンバーが近づくと、いかにも嬉しそうに尻尾を振って迎えてくれました。

まだ生きる力が充分に残っていて、よかった。

人が来てくれて嬉しい、そして食べ物のにおいがして嬉しい!大興奮です。

解放

太い重い鎖につながれています。よく見ると、首輪ではなく、鎖の先端を輪にして溶接し、犬の首に直接まいていました。つまり、はずすには、鎖を切断するしかないのです。

大きなボルトカッターを取り出して作業しますが、興奮する犬が動くので、危ないし、やりにくい。

大きなカッターで、女性が渾身の力で鎖を切ります。ジャラジャラと重い鎖です。

やっと、鎖から解放されました!

飢餓状態にあったコバルトは、車の中でドッグフードの袋を見つけると、自力で破いてしまいました。

必死に食べています。

これからは、もう少し落ち着いて食べることができるよ、コバルト。何より、あの重い鎖につながれた飢餓と孤独から、君は自由だよ。

最後に

捨てられたわけではなくても、鎖につないだ犬が1日中ほったらかし。犬小屋のまわりには糞尿がたまっている。1日に1度か2度、飼い主がエサを持ってくる。犬はめいっぱい鎖を引っ張って後足で立ち上がり、尻尾を千切れるほど振って前足を伸ばすのに、ちょっとその頭をなでて、人はまた背を向けて去ってしまう…。犬はうつ状態になって1日中吠えまくる。

日本でも、実はよくある光景ではないでしょうか。

まずはそんな犬たちに気づいて、飼い主に話しかけたり、最悪の状態なら通報する勇気を、私たち1人1人が持てたらよいですね。

コバルトに幸あれ。

※こちらの記事は動画配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Stray Rescue Of St. Louis

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。