飼い主死亡で取り残された犬…警察の発見で救助へ。万一の事態に備えよう

飼い主死亡で取り残された犬…警察の発見で救助へ。万一の事態に備えよう

自分が死ぬことなんて、考えたくない?残された犬の餓死や殺処分を回避し、できる限り幸せに生きてほしいと思えばこそ、自分が元気なうちに、万一の「その後」の手を打っておくことは大切です。幸運にも救出された1匹の犬が、身をもって教えてくれます。

お気に入り登録

救出された状況は、推してはかるべし…

通報・救出

最近亡くなった人の家で、警察が取り残された犬を発見し、連絡を受けた保護団体Stray Rescue of St. Louis が現場から犬を救出しました。

犬は体毛がのび放題で汚れ切っていました。飼い主が亡くなる前からもう長年もネグレクトにおちいっていたようです。

顔の前にもベタベタになった毛が長く垂れ下がり、犬の視界を完全にうばっていました。

2人がかりです。

犬はおとなしくしています。

「こんなに取れました。」

でもまだまだです。

顔回りや足先、尻尾など、細かく敏感な部分をトリミングしていく前に、犬に鎮静剤を与えて眠らせ、全身のトリミング完了です。

そして体を洗いました。

その後

さっぱりした「ネクサス」の寒さ対策にセーターをプレゼント。どう、似合う?

ネクサスはすばらしい一時預かり家庭に引き取られ、そこで里親さんを待っているそうです。

ネグレクトの飼い主の死亡が早めに警察の知るところとなり、道連れにならずにすみました。

ネグレクトは別として、犬の飼い主さんは、自分に万一のことがあった場合に、すみやかに犬を保護してもらい、そしてきちんとした環境で世話をしてもらえるように、日ごろから手を打っておくことは大切ですね。

※こちらの記事は動画配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Stray Rescue of St. Louis

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。