困り顔のピットブルの女の子を保護。男性恐怖症克服への道のり

困り顔のピットブルの女の子を保護。男性恐怖症克服への道のり

側溝に身を隠して暮らす若いピットブルは、虐待の記憶から人間恐怖症、特に男性恐怖症におちいっていました。犬に寄りそう保護活動で、恐怖症を克服することができたでしょうか。

お気に入り登録

怖いんです。近寄らないでください。

通報・発見

側溝に住みついたピットブル女子の「ナラ」の保護。

男性の声を聞くと逃げるという行動から、男性に虐待されていたことがうかがえます。

ナラに食べ物を与えていた女性の前ですらおびえていて、女性が立ち去るのを待って食べていたのだということをSNSで知った保護団体HOPE FOR PAWS は、協力してナラの保護に乗り出しました。

男性恐怖症のナラに手を差し伸べると、下を向いて、時々、上目づかいにチラッ。困ってる、困ってる。

「触ってもいい?いい子、いい子」でもやっぱり、いやーん。

ゆっくり行きましょう。

編集された動画では実際の時間の経過がわかりませんが…あ、触った!

これもまた、時間をかけたのでしょう。ついに、布リードで引っ張り出しました。ナラはやっぱり、困っていますけれど。

ナラには少々、荒療治でしょうか?愛情たっぷりのハグ。何かささやいてますよ。

あ、手から食べた!大進展!

食べだしたら止まらない。今度はちょっと、与えすぎ?アメリカ人とジャンクフードの関係を垣間見る思いです…。なんだかもう、「恐怖症?何それ、おいしいの?」状態。

2時間が経過し歩道に誘導すると、子供もへっちゃらです。改めて、適切に対応すると犬の感情の切り替えは早い(こともある)とわかります。

その後

ナラは男性恐怖症を完全に克服しました。その証拠写真が、動画に含まれています。

今では大人(男女とも)も子供も、犬も、みんな好き~!に大変身したナラは、一時預かり施設で里親さんを待っているそうです。

こんなスイートなナラですから、きっと、新しい家族に巡り合ったことでしょう!とても優しい気持ちになれる動画をご覧ください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。