犬にとっての『理想的な飼い主』の特徴4選

犬にとっての『理想的な飼い主』の特徴4選

愛犬に幸せな生活を送らせてあげられるかどうかは、飼い主であるあなたの行動や心構え次第といえます。犬にとっての『理想的な飼い主』にはどのような特徴があるのかを知ることで、愛犬に幸せな時間を過ごさせやすくなるといえますよ。

お気に入り登録

1.犬が幸せになれるように行動している

幸せそうな犬と家族

犬にとって理想的な飼い主の特徴はたくさんありますが、そのなかでも『犬が幸せになれるように行動している』という特徴はとても大切な特徴の1つとなります。ただペットとして飼っている場合と、犬の幸せを考えながら家族の一員として一緒に過ごしている場合とでは自然と接し方が変わってしまいます。

例えばペットとして愛犬と暮らしている飼い主は、飼い主自身の気持ちが最優先されていることが多いように感じます。

その結果、「今日はなんか面倒くさいから散歩止めよう」、「愛犬が甘えてくるけど他にしたいことがあるから構いたくない」そういった雑な接し方ばかりしている人は少なからずいるそうです。このような飼い主の行動は犬からすると『残念な飼い主』となってしまいます。

一方、愛犬を家族として接している飼い主は愛犬の気持ちや幸せを考えているので、つねに愛犬と真剣に向き合いながら接している場合が多いといえます。

飼い主自身の体調が少し悪くても「愛犬が楽しみにしている散歩だから連れて行ってあげよう」と愛犬のために行動したり、「忙しくても時間をつくって愛犬を愛してあげよう」と愛犬との時間を大切にしたりしているのです。

もちろん飼い主によって考え方や愛犬への接し方が異なりますので賛否両論あると思いますが、犬から見ると『自分のことを大切に扱ってくれる』人が理想的な飼い主であることは間違いないといえるでしょう。

2.犬に関する知識が豊富

犬と古い本

犬から見るだけでなく、私たち人間から見ても理想的な飼い主の特徴……それは、『犬に関する知識が豊富』なことです。犬の飼い方やしつけ方の知識を一通り知っている。犬にとって有毒な食べ物や飲みものを知っている。

他の人や犬、動物と触れ合わせるときのマナーを心得ているなど、そういった犬に関係する知識をたくさん知っている人は犬のみならず人から見ても犬の理想的な飼い主となります。

犬に関する知識はできるだけ愛犬を家族に迎える前に勉強しておくことが理想的といえますが、犬に関する知識や情報はとてもたくさんありますのでなかなか全てを理解することは難しいといえるでしょう。ちなみに何十年も犬と暮らしている私も未だに見知らぬ知識や情報があったりします。

犬の知識に自信が無い人は、本やネットで調べればすぐに犬に関する知識や情報を知ることができますので愛犬の仕草や行動などが気になったらその都度調べるようにしましょう。

そうすることで、知識が豊富な飼い主と同じように愛犬に対する悩みを早く解決することができますよ。また、「犬のことを理解したい!」と思う気持ちがとても大切といえるでしょう。

3.体調不良・病気に気づいてあげられる

横になるノーフォーク

3つ目の犬にとっての理想的な飼い主の特徴は……、『体調不良・病気に気づいてあげられる』です。犬はケガや病気をしているときに弱い姿を見せないよう痛みに耐えることが多かったりします。

こういった犬の行動は大昔に過酷な世界で生きていた頃からの本能となり、当時は弱い姿を見せると敵に襲われる危険性が増すので弱っている姿を隠そうと痛みに耐えていたそうです。

敵に襲われる心配のない現在でも大昔からの名残りとして、犬は信頼関係が築けている飼い主の前でも弱っている姿を見せないようにすることが多く、愛犬の怪我や病気に気づいたときには症状がかなり悪化していた!ということがよくあります。

ですので、飼い主は愛犬の様子がおかしくなったときにすぐ気づいてあげられるよう、普段から行動などの様子を観察することが大切となります。つねに愛犬の体調を見守っている飼い主は、愛犬にとってヒーローといえる存在といえるでしょう。

4.適度な厳しさを意識しながら接している

人のご飯を見つめる犬

犬からすると自分のいうことを全部聞いてくれる飼い主は凄く理想的な飼い主といえるでしょう。しかし、本当の意味で犬にとっての理想的な飼い主は、甘やかすときは甘やかす。厳しくするときは厳しくする。という適度な厳しさで接することができる飼い主となります。

なぜなら、甘やかしすぎると愛犬をワガママで我慢のできない性格の犬に育ててしまいますし、愛犬のおねだりに応じてオヤツを沢山あげていると肥満になったりさまざまな病気を発症させてしまう危険性があるからです。

また、厳しくしすぎるとストレスを溜め込ませてしまったり苦痛な時間を過ごさせてしまったり、信頼関係が築けないで愛犬とギクシャクした間柄になってしまう可能性が高いといえます。

ですので一緒に遊ぶときは遊ぶ。甘やかすときはとことん可愛がってあげる。一方でしつけが必要なときは厳しく接する。我慢させる。といったようにメリハリを付けながら接することをおススメします。

そうすることで愛犬はあなたに厳しくされたときでも、きっとあなたの愛情を感じながら幸せに過ごすことができると思いますよ。実際に愛犬と信頼関係を築けている人の多くは適度に厳しく接している人が多いそうですよ。

まとめ

仲良しな人と犬

今回は犬にとっての理想的な飼い主の特徴を4つお伝えしました。どの特徴も愛犬への愛情が込められていることが分かると思います。

初めて犬を飼う人はいきなり理想的な飼い主になるのは難しいかもしれませんが愛犬の幸せを考えながら愛情を持って接していると、自然と犬にとっての理想的な飼い主になることができるといえるでしょう。少しずつ愛犬にとっての最高な飼い主になれると良いですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬にとっての幸せは理想的で信頼できる飼い主がいる家庭だと思います。本当の飼い主になるには犬の気持ちを考える、知識を人一倍多く身に付ける、微弱な体調変化に気づける観察眼、メリハリのある生活、一貫性の生活など、数えればキリがありません。買えば飼い主の考えは捨ててください。そんな気持ちで接しても犬は嬉しくありません。軽い気持ち、半端な覚悟や責任では必ず犬を不幸にします。
    近年犬の正しい知識を持っている人が増えてきてます。いつか全ての飼い主が犬にとっての思想的で信頼できる飼い主になれたら良いなと思います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。