ドッグレースを引退した犬は、血液バンクで採血され続けていた

ドッグレースを引退した犬は、血液バンクで採血され続けていた

ドッグレースに使われるグレイハウンドなどは、レースに出走できないと判断されたり「卒業」すると、里親とマッチングされます。しかしその他に、犬の血液バンク施設に送られる犬も。そこで非人道的に扱われているとしたら?

お気に入り登録

重い、でも大切なテーマ。犬たちのために

狭いケージから「普通の世界」へ開放された犬

これは、「ボーディ」が生まれて初めて海を見て、初めて海水に浸かった瞬間です。

「水が、たくさん。不思議。気持ちいい…」と感じているかのように、ボーディは、ゆっくりと水に体を浸しました。動画のしょっぱなです。どうか、動画を見てください。

ボーディの物語はこれから展開しますが、この美しいシーンだけで、グッと来ます。

ここから、ボーディの過去のお話です。

ボーディは約3年間、ある犬の血液バンク施設で、他の200頭ほどの犬たちと隣合わせて、小さなケージに入れられていました。

200頭の犬の大半は、ドッグレースから「廃棄」となった犬たち。

頭を上げて立ち上がることや体の向きを変えることも難しい小さなケージや、がらんとした檻などに押し込められているのです。

1年半またはそれ以上の期間、10日から2週間ごとに採血されるといいます。

人の献血頻度は、日本では、負担が一番軽い場合の1週間から一番重い場合の16週間という間隔をあけると決められていることを考えると、この頻度で犬の負担はかなり大きいと言えるのではないでしょうか。

ボーディはそこから動物愛護団体PETAが引き取り、レースのためでも、強制的な採血のためでもない、普通の家庭犬としての暮らしを始めることができました。

過酷な過去を背負ったボーディですが、今はこんなに安らかな時を過ごしています。

最後に

人の血液と同様、輸血などのために、犬の血液のストックは必要です。ただ、犬が人道的に扱われているか、犬の闇売買や虐待に関係していないか、といったところまでは、なかなか考えが及びません。

自分の家族としての犬の健康のために、他の犬が犠牲になっているとしたら…。

幸い日本にはグレイハウンドのドッグレースは公にはありません。では、犬の血液はどのように供給されるのでしょう?各医院が独自に「供血犬」をきちんと世話をして飼っていたり、ボランティア登録制度などがあるようですが、不足しているといいます。

重いテーマではありますが、愛犬家としては、よく考えてみる、調べてみる、聞いてみる、必要がありそうですね。

2分の動画は、グッとくるボーディの海のシーンに始まり、海のシーンで終わります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。