犬がよくいる場所5選!家の中で大好きな場所の特徴とは?

犬がよくいる場所5選!家の中で大好きな場所の特徴とは?

家の中で犬がよくいる場所ってどこでしょうか?ソファー?ベッド?それとも……?犬が家の中で好きな場所にはちゃんと理由があるんです。

お気に入り登録

犬がよくいる場所5選

ソファーの上で寛ぐブルテリア

1.ソファーの上

ソファーは犬にとっては心地よい場所のひとつです。床よりも柔らかく、高さもあたりを見回すのにちょうど良いからです。自分で上り下りできるのも犬にとっては重要なポイントかもしれません。

また、何より家族が座る場所ということも関係しています。犬は家族が集まる場所を好みます。家族が1番好きなのです。その中心であるソファーに自分の場所を作ることで、いつでも家族を感じることができるのです。ただソファーを縄張りだと意識して、他の人を座らせなかったりするようであれば、しつけをし直す必要があるでしょう。

2.リビングのテーブルの下

テーブルの下は家族の気配を感じることができ、かつ他の場所よりも少し暗く狭いので落ち着くのです。ソファーと同じように、家族が集まる場所にいることで安心できるようです。

犬は少し暗くて狭い場所を好むのでその条件に当てはまるというわけです。自分でお気に入りのクッションを持ってきたり、ベッドを移動させたりする犬もいます。メインの場所はソファーで時々テーブルの下、という場合もあります。

3.家具の隙間

家具の隙間も暗くて狭いので、犬にとってはお気に入りの場所になります。場所によっては暖かかったり、涼しかったりすることもあります。
ただ家具の隙間は危険なことも多く、何かものが落ちてきたり、電化製品のコードが通っていたりすることもあるので、あまりオススメはできません。できるだけ塞いで、犬が入れないようにした方が良いでしょう。

4.ベッドの上

ベッドがある寝室は静かで犬にとっても休まる場所です。ソファーと同じように床よりも柔らかいので心地よく、飼い主さんの匂いもするので安心できます。

犬は柔らかくてふかふかの場所を踏み鳴らしておしっこをすることがあるので注意が必要です。また、犬を寝る場所にあげると頻繁に掃除をしなければ不潔になってしまうことが多いため、掃除をする自信がなければ、最初からベッドにはあげない方がいいでしょう。

5.外が見える場所

家の中で飼われている犬の場合、外に出るのは散歩のときだけです。そのため、外のことに興味津々でベランダや窓のそばなどで過ごす犬も多くいます。通る人を眺めたり、陽の光を感じたり、鳥や他の動物の気配を感じたり、それだけでも部屋の中でずっと過ごすよりは気分転換になります。

家族が帰ってくるのを待っている犬も多く、車の音がしたり遠くに姿が見えたりしただけで玄関で待っていることもあるようです。

犬にとって心地よい空間とは?

ベッドの上で仰向けになってあくびをする犬

犬にとって心地よいのは、狭くて暗く静かな場所です。犬の祖先はもともと穴を掘ってその中で暮らしていました。その頃の名残がまだあるようで、そういった場所で休憩したり寝たりすることが多いようです。

また、心地よさにも種類があります。家族に囲まれて話を聞けるリビングのソファーなども犬にとっては心地よい場所になります。犬はコミュニケーションをとるのが上手な生き物です。そのぶんコミュニケーションが不足したり、無視されたりするとストレスがたまってしまいます。

家族の中にいて自分もその家族の一員だと感じることが犬にとっては心地よいのです。1番心地よいのは、暗くて静かで狭くて、そして家族のそばということになりますね。

まとめ

リビングで過ごす家族と犬

犬が好きな場所は暗くて狭くて静かな場所ですが、1番好きなのは家族のそばで家族の一員としていられる場所です。そのためリビングでくつろぐことが多く、ソファーやテーブルの下などで家族の話を聞いていたりします。

リビングに犬のために少しスペースを作ってあげるといいですね。少しでもくつろげるスペースがあるだけで、ストレスは溜まりにくくなるので家族で検討してみてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。