犬への『理想の押し付け』は虐待に!愛犬の気持ちを考えた育て方とは

犬への『理想の押し付け』は虐待に!愛犬の気持ちを考えた育て方とは

犬を飼う人の多くは、犬との生活に憧れさまざまな理想を持っていることでしょう。しかしそんな理想を押し付けてしまうことで大切な愛犬を傷つけ、信頼関係を失ってしまうことも…。愛犬に寄り添った育て方をするためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか?

お気に入り登録

飼い主が犬に抱く理想について

赤ちゃんと触れ合う犬を見守る夫婦

「穏やかで愛らしい犬と一緒に寝たい」
「愛犬とドッグカフェに行きたい」
「愛犬とアウトドアを楽しみたい」

様々な理想や夢を思い描いて犬を飼い始める人が多いと思います。私たちは生活をより豊かに、楽しいものにしたいからこそ犬を飼うのであり、愛犬との生活に理想を抱くことは決して悪いことではないと思います。

しかし、すべての犬がその理想や希望に添うことができるとは限らないというのが実際のところ。人のベッドに乗ると枕や布団を噛みちぎってしまう、ドッグカフェでは興奮して吠えてしまう、怖がりで新しい場所に行くとパニックになってしまうなど、犬の性格やしつけ方によっては理想を叶えることは難しい状況になってしまうこともめずらしいことではないでしょう。

いつでも機嫌よくどこでも誰とでも仲良く遊ぶことができ、散歩中にむやみに吠えたり引っ張ったりせず、しつけにも素直に従う。さらにどんなものでも喜んで食べて健康。家族に対して優しく、落ち込んでいる人に寄り添ってくれる。

そんな絵に描いたような「いい子」は現実にはそう多くなく、犬にも個性があるため困った行動や癖を持っている場合もあります。必ずしも理想通りのドッグライフを送ることができるとは限らないということは、頭に入れておいた方がいいでしょう。

犬に理想を押し付けることの危険性

指さされて嫌そうな顔をしている小型犬

犬との生活に理想や夢を抱くことは悪いことではなく、それに向けて環境を整えたり必要なしつけをしたりすることは素晴らしい関わり方だと思います。しかし、飼い主さんの理想を押し付けたり、無理強いしたりすることは、犬にとって大きなストレスとなることがあります。

飼い主さんの理想を叶えるために過度に厳しいしつけを行ったり、犬本来の気質や性格に合わない生活を送らせることは犬に恐怖を感じさせたり不快感を与えたりすることもあるでしょう。理想を高く持ちすぎるが故に、ついつい感情的に接するようになってしまうことも。犬のしつけでは感情的に叱ったり、高圧的な態度をとったりして犬を委縮させることは決して得策ではありません。

また、極端な例ですが理想を持って犬を飼い始めた人が「思ったような生活ができない」「思っていたよりも世話が面倒」などの身勝手な理由から飼育放棄するケースもあります。

犬は人間のアクセサリーではありませんし、人間を楽しませるためだけに生きているわけではありません。理想を持つことは悪いことではありませんが、それが叶わない場合でも、どうか犬を見捨てるようなことだけはしないでください。

愛犬の個性に合わせた育て方を考えよう

草むらを元気よく走る犬

犬との理想や夢を思った通りに叶えることができない場合、無理強いしたり飼育自体を諦めたりするのではなく、愛犬の個性に合わせた育て方をし新たな理想を描いてほしいと思います。元々持っていた理想とかけ離れた状況になってしまいそうであっても、その後の生活は続いていくものですから、犬の個性に合わせて楽しく過ごしていってほしいと思います。

理想通りにならないと思ったときに大切なのは、愛犬の個性や気質を見極めてあげることです。そうすることでどのようなことなら一緒に楽しむことができるのか、どう接すれば理想に近づけるのかといった新たなアプローチ方法を考えることができるのです。そのような見極めが難しい場合や適切な接し方がわからないという場合には、ドッグトレーナーなどに相談してみるのもおすすめです。

まとめ

笑顔の女性に抱きしめられる犬

犬との生活は楽しいものです。いろいろな理想を抱き、それに向けて必要なしつけをしたり環境を整えたりしていくこともドッグライフの楽しみのひとつだと思います。その中でどうしても理想通りにいかないこともあると思いますし、どちらかというと理想通りのドッグライフを送ることができる人の方が少ないかもしれません。

そうしたときに犬の気質や気持ちを無視して強要したり、犬とのコミュニケーション自体を諦めてしまったりすると、犬にストレスを与えるだけでなくお互いに寂しく悲しい思いを抱えることになってしまうでしょう。

理想はあくまで理想として、日々のコミュニケーションの中で愛犬に寄り添いながら軌道修正することで、より豊かで楽しいドッグライフに近づくことができると思います。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬との生活で理想を抱く人は多いと思います、が犬だって感情をもつ生物だし個性や性格だって千差万別、理想は所詮夢物語。理想をもつことは別に構いませんが理想が叶わないからと犬を捨てるのは飼い主としての責務を放棄すること、飼い主失格だ。犬をもの扱いしてるのと変わりない。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。